乗鞍岳畳平のお花畑はベストシーズン

ガスの合間に見えた畳平のお花畑。白いハクサンイチゲは一面に咲き誇っていた
乗鞍岳畳平は標高2700mにある火口原です。お花畑は、駐車場にあるバスターミナルの左端の階段を下りたところから広がっています。散策路沿いに行くと様々な高山植物に出会う事が出来ます。

暫く散策路を歩くと分岐し、 右手を曲がると新しい木道がついていて、奥まで行けるループ状になっています。木道沿いに咲いている花を見つけながら歩くと、実に様々な種類の花に出会えます。お花畑は全くアップダウンがなく、およそ1時間で一周出来るお手軽コースです。

群れ咲くハクサンイチゲのお花畑

私達が訪れた時はあいにく小雨が降り、お花畑はガスがかかり、あまり視界も良くなかったのですが、ガスの切れ目に白いハクサンイチゲの花が一面に咲き誇る光景を見ることが出来ました。

ハクサンイチゲは小さな花ですが、このように群れて咲くと壮観です。

お花畑は高山植物の宝庫

恋の花「クロユリ」の小群落
ハクサンイチゲほどの大群落とはいかなくても、クロユリや、ミヤマキンバイやイワカガミなどが小群落で、または単独で咲いています。私も多少高山植物の花の名前を知っているのですが、知らない花も数多くありました。正に高山植物の宝庫です。

左の写真は、恋の花・・!クロユリの小群落。クロユリが咲いているのを見つけた年配の方が「クロユリの歌」を口ずさんでいました。この歌は 終戦直後銭湯もカラになったといわれたメロドラマの大傑作『君の名は』のテーマ曲の一つ。なんともロマンチックな花です。

花が好きで、名前を知っている方ならいろいろな種類の花が楽しめます。 畳平のお花畑の花期は7月~8月。9月になると山頂から紅葉が始まります。



ヨツバシオガマ


チングルマ


ミヤマキンバイ


イワカガミ


《関連サイト》:
 ・信州乗鞍高原観光情報情報
 ・地図情報 - 長野県松本市乗鞍高原の周辺地図
 ・ガイド記事:昨年の北アルプス乗鞍岳畳平・大雪渓・乗鞍高原の紅葉情報

・制作:05/08/05・更新:05/09/14
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。