身体と心のバランスを整え、本来の姿に
“生命の科学”を意味するアーユルヴェーダはおよそ5000年前から続く、インドやスリランカに伝わる伝統医学のひとつ。基本的な体質を見極め、生活習慣などで変化を来した体を生まれたときのバランスの状態に戻すことを目的とします。それがひいては健康と長寿を手にすることに。このところ、注目を浴びているアーユルヴェーダですが、実際に本場で受けてみたいと思いませんか?

スリランカのビーチリゾートにたたずむ
アーユルヴェーダリゾート

海を見下ろすなだらかな丘に築かれたリゾート
しずく型をしたスリランカの南端近く、ウェリガマにあるバーベリン・ビーチ・アーユルヴェーダ・リゾート。海を見渡す丘からビーチへと続くなだらかな斜面にマスタード色の建物が点在しています。15エーカーの緑の敷地に客室は3タイプあり、トータル60室。健康を求める女性のひとり旅(日本からも)も、多いそうです。

3タイプある客室。眺めと調和し、ミニマリズムを取り入れたデザイン
建物の内部と外部の境界を最小限にすること、そして周囲との調和が取れていること、もとある樹木や植物にできるかぎり手を加えないこと、できるかぎり地元の建材を使うこと。アイデアを取り入れたリゾートは、美しい眺めや自然の息吹きを感じ、滞在しているだけで心の平穏を取り戻せそうです。

初日にドクターによるカウンセリング

ヨガはアーユルヴェーダにおいて欠かせないアイテム
リゾートではアーユルヴェーダ・ドクター、セラピスト、薬剤師など、専門スタッフがケアを行います。

初日に問診を行い、滞在中のプログラムなどのカウンセリングを行います。ここで多くのアーユルヴェーダリゾートで厄介なのが、言葉の問題。バーベリン・ビーチ・アーユルヴェーダ・リゾートでは日本語通訳をお願いすることができ、きちんと理解した上で施術を受けることができるのです。

アーユルヴェーダの施術は1週間単位。病気の症状を治療し、さらに一人一人の免疫システムを高めるための内容。同時にアーユルヴェーダを効果的に補完するヨガや瞑想などを取り入れ、身体と心のメンテナンスを行います。

次のページでは、身体においしい!アーユルヴェーダ料理をご紹介!