東芝(TOSHIBA)の冷蔵庫・冷凍庫

食材の無駄をとことんなくす「食エコ」を提唱しているメーカー・東芝。2ゾーンレイアウトによるツイン冷却と、野菜室が真ん中にあるレイアウトが特徴。2014年には685mm幅で605Lのスリムタイプを発売し、設置性の良さを向上させています。

■おすすめ機種:「マジック大容量」FWXシリーズ【GR-M600FWX】 ※2017年9月発売
冷蔵と冷凍の温度帯を上下にキッパリ分けた2ゾーンレイアウトにより、省エネ性能を向上。685mm幅で601Lの大容量モデルもあるのも◎。「真ん中野菜室」に、お掃除のしやすさも追加され、ますます野菜室が使いやすく進化。
 


「東芝 冷蔵庫 VEGETAシリーズ GR-D※2010製品」 お試しレポート >>


■代表機種:「マジック大容量」片開きタイプ【GR-M41GXV】 ※2017年11月発売
幅600mmのスリムタイプ。「真ん中野菜室」や、下ゆでなしで生のまま冷凍できる「野菜そのまま冷凍」など、野菜保存機能は充実。


【関連サイト】
東芝 冷蔵庫(メーカー公式サイト)
冷凍庫のおすすめ人気ランキング9選|冷蔵庫の冷凍室じゃ物足りない人必見!



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。