バンコクのおすすめホテル、第2弾はルブア・アット・ステイト・タワー。「ブア」とはタイを彷彿させる「蓮」の意味。タイ資本のこのホテルが世界へと花開くようにと、名付けられたのだそうです。
バンコクの中心地に建つこの高層タワーホテルは、ハイクオリティなレストランやバーで知られていますが、客室の居住性も上々。暮らす気分でバンコク滞在を楽しめますヨ。

66平方メートルもの広々としたベッドルーム

肌ざわりのいいリネンは思わず頬ずりしたくなる
客室は1・2・3ベッドルームからなりますが、1ベッドルームでも66平方メートルもの広さ。リビング+キッチン&バスルーム+ベッドルームと3つのエリアからなり、それぞれが引き戸で仕切られる仕組みに。たとえば夜に同行者がまだテレビや読書をしていたい時にも、扉で仕切ってしまえば、それぞれが思い思いに過ごせるのです。ちなみに、テレビはベッドルーム、リビングルーム、それぞれに設置してあります。

広々としたバスルーム。アメニティはブルガリです
リビングとベッドルームの合間にはキッチンとバスルームが背中合わせにあります。キッチンには大きな冷蔵庫や電子レンジ、コーヒーメーカーなどが置かれています。一方のバスルームも広々としたつくり。アメニティはブルガリです。
ベッドルームからの眺めは夜景がステキなシティビューと、ゆったりとしたチャオプラヤー川を望むリバービューの2種類があります。ベッドのシーツは330番糸。さらりとした肌ざわりが心地よい眠りに誘ってくれることでしょう。


バンコクの夜景を一望にするスカイ・バー&シロッコ

63階にある「スカイ・バー」とダイニングの「シロッコ」。きらきらと輝くバンコクの夜景を眺めなる夜を
そして、このホテルの呼び物はなんといってもレストラン&バーの複合施設「ザ・ドーム」。話題の「スカイ・バー」は地上247m(63階)のオープンスペースに造られた、まさに天空のバーです。スタンディング形式でバンコクの夜景を眺めながらの一杯、ロマンティックでもあり、爽快でもあり。そして、バーの周囲にはディナーがいただける「シロッコ」。こちらでは、地中海系の料理がいただけます。スカイ・バーとシロッコは“世界一の屋外レストラン&バー”との呼び声も。コンデ・ナスト・トラベラー誌などで数々のアワードにも輝いています。

5つのエリアからなるディスティール
また64階の「ディスティル」は、カウンター、シガーテラス、ソファ席、オイスターバー、ワインセラーの5つのエリアからなるバーラウンジ。気分に合わせて、シートを選べます。そして最上階の65階にはハーフムーン型をした「メザルーナ」。2007年2月にザ・ドームで開かれた“エピキュリアン・マスターズ・オブ・ザ・ワールド”という食の祭典では、9人のミシュランの星獲得シェフが集合し(合計の星数が26個!)、最終日にはこのメザルーナでお一人様約400万円のガラ・ディナーを楽しんだとか(次回は2008年12月に予定)。

ドラマチックな橋を渡り、テーブルへ向かうブリーズ
そして、新しく52階にオープンした「ブリーズ」は、光輝く橋を渡ってアプローチするドラマチックな演出も、お楽しみ。ブリーズも屋外レストランで、ちょうど目の高さに花火が見えるとのことです。
それぞれのバーではぜひマティーニをおためしあれ。人気のチョコレート・マティーニほか、パッションフルーツなど各バーではオリジナルも含め10種類前後がラインナップ。輝く夜景を眺めながら、マティーニをすする。大人な夜を過ごせそう。


ルブア・アット・ステート・タワー
lebua at State Tower


State Tower 1055, Silom road, Bangrak, Bangkok 10500, Thailand
TEL+66-2-624-9999
FAX+66-2-624-9998
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。