2人のシェフが、好きな時間に好きな場所で、食べたいものを…

見た目にも楽しい料理の数々
1日3度の食事は、ゲストの好みによる、パーソナル・メニュー。新鮮なシーフードもたっぷり。2人のシェフが腕を振るう、見た目も美しい魅惑の料理に体重計のことも忘れてしまいそう。リゾートのワインセラーからチョイスした、オーストラリアやニュージーランド、フランスなど各地のワインと一緒にサーブされます。

二人のシェフが好みの料理をサーブ
そしてテーブルをセッティングする場所も、リクエストOK。エアコンのきいたダイニングルーム、ダイニングルームのデッキテラス、東屋のブレ・カラウ、見晴らしのいいプール・デッキ、ヴィラのデッキテラス、トーチを灯してのビーチ・ディナー。6つのシチュエーションが選べます。朝食はヴィラのデッキテラスで、ランチはプールサイドで、夜はオンザビーチでと、小さな島の中でも雰囲気を変えられるから、毎回違った楽しみがあります。
食事時間も決まっていなくて、食べたい時が食べる時。自分たちだけしか泊まっていないのですから、誰に合わせることもなく、マイペースに過ごしてもいいのです。



食事やしたいことを伝える、スタッフとのコミュニケーションのために、やはり、ある程度の英語力は必要です。そして、ある意味ホストに招かれたゲストのような、最低限のたしなみも必要でしょう。そういった意味で、ややハードルの高い存在ですが、「島を丸ごと貸し切っちゃったよ」と、かなり自慢できるリゾートです。


ワンディギ・アイランド・フィジー
2名利用の1日の基本料:US$2100
3~4人目は1人につきUS$675。5~6人目は1人につきUS$588。
●3泊以上
●12歳未満は状況に応じて
●宿泊料には島チャーター料、滞在、アルコールを含むすべての飲食、到着時の部屋に用意するシャンパン、スル(パレオ)のプレゼント、インターネット、アクティビティ(一部有料)を含みます。


日本での問合せ先
フィジー旅行専門店 トーホートラベル TEL(03)3553-2044

■関連リンク
フィジー
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。