スリランカに2軒のアマンリゾーツ


2005年、スリランカに2軒のアマンリゾーツがオープンしました!
アマンガラとアマンウェラ。
城塞都市内とオンザビーチ、2つの異なる魅力の新しいアマンリゾーツをご紹介します。

400年の時を経た歴史ある建物のアマンガラ

世界遺産の散策など、のんびりと過ごせる環境

2005年2月15日、世界遺産にも指定されているゴールの城塞内にオープン。
400年の時を経た建物と連なるアマンガラは、かつてオランダ人将校の司令部やイギリス軍の宿舎として使われてきた建物を1865年にニュー・オリエンタル・ホテルとして開業、そしてさらに改装を加え、アマンガラに生まれかわりました。建物は、真っ白な壁にダークブラウンの色遣いが効いた、クラシカル&シャープな雰囲気です。


歴史的ホテルをリニューアル。シャープな白をベースにコロニアルな雰囲気がミックス

客室数は29。
ベッドルーム(約36平方メートル)、チャンバールーム(約55平方メートル)、スイート(約77平方メートル)、ガーデンハウス(約140平方メートル)の4つの客室からなります。
スパ施設のザ・バス、プール、ライブラリー、ティーラウンジなどの施設が整っています。
ザ・バスは、ドレッシングルームから地下室へ降りていくと、ジェットマッサージなどができるハイドロテラピープールになっています。ほかにもサウナやトリートメントルームなどがあり、そしてマニキュア&ペディキュアは、200年の歳月を経た庭を眺めながら、オリジナルのプランターズ・チェアで行われます。
ヨガやメディテーションも毎日開催されています。

世界遺産である城塞内の散策もおすすめです。歴史あるオランダの教会やガバナーズハウス、スパイスの倉庫、海辺の断崖に建つ灯台などが見どころ。近郊の素朴な村や紅茶畑、レインフォレストへの散策などもお楽しみ。


ネーミングは、サンスクリット語でアマン“平和”、シンハラ語でゴールを意味する“ガッラ”を組み合わせています。


アクセスは、車または水上飛行機の2つの方法があります。車の場合はコロンボから南下すること約2.5時間。水上飛行機の場合はまず車で約45分の移動後、約40分でコガラレイクへ、それから陸路を約20分。

オンザビーチに築かれたアマンウェラ

街中のアマンガラに対して、オンザビーチの立地のアマンウェラ

2005年3月15日オープン。
ゴールの東約80km、スリランカの南部コーストライン随一のリゾート地、ダンガッラ近郊にあります。美しく弧を描く海岸線にたたずみ、背後には広大なヤシ林に囲まれたロケーション。オンザビーチにあるため、シンハラ語で“ビーチ”を意味する“ウェラ”を含んだ、「平和なビーチ」という名前です。


プライベートプール付きのアマンウェラ。海辺の雰囲気を満喫できます

客室数は30あり、プールスイートとオーシャンプールスイートの2種類からなります。
プールスイートは丘の斜面にあり、ヤシの木の合間から海を望めます。引き戸タイプの大きな窓から外へ出ると、プライベートプールとガーデン、サン・ラウンジが。
オーシャンプールスイートは丘のふもとにあります。部屋の造りはプールスイートと同じです。
施設はプール、ギャラリー、ライブラリー、レストラン(3軒)、ラウンジ&バーなど。スパは客室内や希望の場所で受けることができます。

アクセスは、アマンガラより車で約2時間です。


=>次のページでは、この2つのアマンリゾーツが50%オフで泊まれるキャンペーンをご紹介します