地中海の美しさを堪能できるビーチが50カ所

サン・アントニ
サン・アントニの大賑わいのビーチ
島リゾートといえば、気になるのはビーチ。
地元でもらった無料のガイドブックに紹介されているビーチは、なんと50カ所も。実際訪れてみると、赤さび色した岩山が脇にそびえるビーチもあれば、木々が茂る山に抱かれた穴場的な入り江、賑やかな音楽が流れるカフェ前の小さなビーチなど、それぞれ個性があり、つまみ食いするようにビーチ・ホッピングするのも楽しいです。
ビーチによって施設の充実度は異なり、シャワーや各種マリンスポーツのある場所もあれば、パラソルとカフェのみのところも。車イスで入れるビーチも多いようです。


地元のフリーペーパー片手にいくつか回ってみて、おすすめビーチは次のふたつ。
●ベニラス Benirras
島の北にある、山道を抜けてアプローチする隔絶のビーチ。折り重なるような山々に抱かれた象牙色の砂浜にパラソルが並んでいます。沖にはチェスの駒のような岩がポツン、そしてヨットが数隻、浮かんでいます。
かつてはヒッピーが集っていたそうですが、喧噪を逃れたい人にはおすすめな雰囲気です。
ファミリーからカップル、若いグループなど、寝そべっているゲスト層は多彩。ビーチの背後や脇にはカフェもあります。


●カラ・ジョンダル Cala Jondal
島の南に位置。
聳え立つ赤さび色した岩肌の山と、深い青をたたえた地中海とのコントラストが印象的なビーチです。ヤシの葉で葺いたパラソルの下に寝転びつつ眺める地中海の風景は、ビーチに流れるアンビエントなBGMがしっくりきます。
ビーチは波打ち際近くまで丸い小石がしきつめられています。
山肌がオレンジ色に染まる夕暮れ時はため息ものの美しさです。


イビサのホテル

●ホテル・ラ・マリーナ Hotel La Marina
ホテル・ラ・マリーナ
港の正面にあります。1階はレストラン
港の正面にあり、1階にはシーフードを中心としたレストランがあります。ホテルの入口がある裏手の通りは夜ともなると、路上にズラリとスツールが並ぶ屋外バーに変貌。周囲にはレストランやブティックも多く、賑やかです。
室内は青や黄色などポップな色合いでまとめられています。ツインベッドのお部屋もあります。お手頃なのも魅力。


●エル・ホテル El Hotel
クラブのパチャと同系列のホテル。ちょうどパチャの正面にあります。
ムダをそぎ落とし、クールな色使いのシンプルモダンな空間です。
部屋の間取りも広々。ジュニアスイート以上の豪華版です。

<ほかにも気になるホテル>
●Hachienda Na Xamena
ルレ・エ・シャトーの一員。
●Can Domo
丘の上に建つ愛らしい農家風。

イビサ・タウン
ダルト・ビラから眺めたイビサ・タウン
イビサ島は6~9月いっぱいが賑やかな花開く季節。夜ははじけて、昼間はビーチで昼寝して、楽しいことが満載。
けれど、10月からは「また、ヒマになるさ」とタクシーのおじさんがぼそり。
これからの季節は落ち着いた、静寂の地中海の島が楽しめる時期かもしれませんね。


■イビサ島に関して、詳しく知るには…
We’re going to IBIZA!
イビサ島への行き方、夜遊び案内、ホテルの宿泊施設の情報投稿、基本情報などなど、充実しています。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。