沖縄・石垣島でぜひぜひ立ち寄ってもらいたいおすすめショップをご紹介。
ここでは王道を行く沖縄モノというよりも、内地から移住した方が営んでいるお店で、センスがいいなぁと思うところをセレクトしています。
居心地のいいバー&オールドクロージングを扱うお店や、オリジナルのアクセサリーのお店、伝統的な沖縄の陶芸にアイデアを効かせたお店、どれもお気に入り。石垣島に寄った際には、顔を出させてもらっています。



●Leaf Leaf リーフ・リーフ

市街地の離島桟橋前の道を西へ向かい、観光ムードが薄れてきたあたりにあるオールドクロージング&バー。太陽と葉っぱのロゴマークが目印です。米国東海岸から仕入れたカジュアルな古着はTシャツやレギュラーシャツ、タンクトップなどお手ごろながら、掘り出しモノも。夜は店内の一画でカウンターバーも営業。関西出身の店長の倉田クンは、かつて知る人ぞ知る大阪「シーラカンス」のバーテンダーだった経歴の持ち主(しかもナイスなイイ男!)。石垣島では珍しいマンゴーやパッション、パインなどの濃縮ジュースを使ったカクテルが美味です。 カクテルはイメージを伝えれば作ってもらえますよ。女性一人でも気軽に入れるなごやかな雰囲気で、内地からやってきた人たちと友情が芽生えたりして。看板犬のモナカちゃんも、尾っぽを目一杯振って歓迎してくれます。深夜でもお洋服が買えて、お酒も飲めるのが嬉しいお店です。

住所 沖縄県石垣市新栄町26-24
TEL なし
営業時間 八重山タイム~翌3時ごろ(お客さまが帰るまで)




●ALMONDE CRAFT アルモンデ・クラフト

朴訥とした福田忠文さんとキュートなママの中出自由子さんのアートなお店。米原海岸の道沿いにあるお店は、アカギの大木のたもとにたたずみ、古木を付け足した南の島らしい雰囲気のある外観。独学で学んだというシルバーアクセサリーや太鼓、流木や貝殻など土地のものを使ったクラフトなどが並んでいます。どれもオリジナル。ワタシ自身もお守り代わりに愛用しているのが、「テーゲー」と彫られたリング。テーゲーとは、力まずにテキトーに、という意味合いの方言。テーゲーシリーズには新しく鈴のアイテムも登場しました 方言リングには、「オーリトーリ」(ウェルカムの意味)などもあります。木工クラフトでおすすめは、ハマシタンのかんざしなど。ほかに森岡尚子さんのアフリカ系のイラストや旬の野菜やハーブも扱っています。オーナーとお話をするだけでも、なごめるお店です。

住所 沖縄県石垣市米原654
TEL 0980-88-2184


●やちむん屋 太朗窯

明石の集落に入り、川沿いに看板の出ている太朗窯。兵庫県明石市出身の掘井太朗さんが土地を捜し求めて、くしくも明石に居を構えているのは運命でしょうか!? 掘井さんは沖縄本島の読谷山焼北窯で学び、石垣島の南島焼きを経て、自分の窯を開きました。フサキの土を使い、沖縄の伝統的な唐草模様などをアレンジした絵付けなど、試行錯誤を重ねながらオリジナルの焼き物を生み出しています。琉球ガラスや浮き玉を溶かした“青”がアクセン トになった作品は、本人は「遊びですけどね」と言うけれど、太陽の光を浴びるとキラキラ輝いて沖縄の海のようです。釉薬に海草を混ぜてみようか、とアイデアも模索中。コンクリートの打ちっぱなしの店内には、ろくろを使った抱瓶(だちびん)3500円~、シャコ貝のような花器1万円などもあれば、ストラップ300円~などお手ごろなものも並んでいます。日替わりでお買い得品もアリ

住所 石垣市伊原間明石343
TEL 0980-89-2616
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。