目の前に広がる光り輝くラグーンに二人で向かって、永遠の愛を誓う。そんな憧れの“南の島でのウェディング”も、近年はだいぶポピュラーになりました。人気の筆頭はやはりハワイ。サイパンやグアム、オーストラリアも、海外ウェディングのデストネーションとして定着してきましたね。
今回は前回紹介したロタでも、実はステキなウェディングができるんですよー!というお話です。


式場は、ロタの南側にちょこんと突き出たイリックの岬にある、その名もハニー・ガーデン。ここで熱帯の花々に包まれたトロピカルなガーデン・ウェディングが挙げられます。
芝生のバージンロードを歩き、ヤシの葉で葺いた屋根の、ブーゲンビリアで飾られた祭壇に向かうと、その先には大海原。さらにその先には、ウェディングケーキマウンテンというケーキのような形をした山を望みます。ゆったりと流れるチャモロソング、多くの村の人々から受ける祝福、ココロがほんわかとする挙式となることでしょう。
20分ほどの式の後には、ケーキカット&シャンパンパーティで楽しく盛り上がりましょう。


ちなみに、ロタでは、ロタ市長のサイン入り結婚証明書や北マリアナ連邦政府が認めた証明書などが後日に届くリーガル・ウェディング。しかも、日本人女性スタッフがアテンドしますので、言葉の心配もありません。

この挙式の基本プラン には、ビデオ、プロカメラマンが撮影したアルバム、ヘアメイク&着付け、ブーケとブートニア、シャンパンとフルーツのパーティ、ウェディングケーキ、マレッジライセンス料、市長への謝礼、フラワーガール&リングボーイへの謝礼、日本人女性スタッフのアテンドなどが含まれます。ドレスは日本からの持参となります。

●問い合わせ
ハニーズヨコハマ
TEL045-441-8282


挙式の後はぜひ、トンガ・トンガ・カフェの“カサメント・ディナー”を!
ここは日本人女性のエイコさんが手がける正統派チャモロ料理のレストランです。魚や野菜など食材はできるかぎり地のもの、建物は“チャモロハット”と呼ばれる建築スタイル、流れるBGMもチャモロソングと徹底しています。
で、カサメント・ディナーですが、白いブーゲンビリアに囲まれたお庭にたたずむガゼボに用意されます。ガゼボは四隅からたっぷりとシフォンで飾りつけされ、ロマンチックですよ!


●問い合わせ
トンガ・トンガ・カフェ
TEL<1-670>532-1010
営18:30~22:00
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。