そもそもお歳暮ってなに?

のし紙
贈り物を白い紙で包むのは、贈り主の身の汚れや外界の悪疫から隔てるという意味があり、神仏に供える物であった時代の名残り。
お歳暮は、お世話になった方々や実家に一年間の感謝を込めてお礼の気持ちを贈るもの。そもそもは、一年を2回に分け先祖の霊を迎え、御霊祭のお供え物や贈り物をした日本古来の習わしが起源とされています。

年に2回ある季節のごあいさつの一つなので、まず第一に考えなくてはならないのは贈る時期です。許されているのは11月後半から12月25日くらいまでですが、12月初めから遅くとも20日過ぎに贈るのが礼儀とされています。

ズワイガニ
オホーツク産のズワイガニ\1,600(1尾)~ 季節感のあるものが喜ばれます。
もし、うっかり時期を逸してしまったら、12月中旬以降は慌ただしくなってしまうので、むしろ翌年「お年賀」(元旦~7日まで)としてお歳暮のかわりに贈るようにしましょう。万が一、年が明け、その時期も逃してしまったり忌中の場合は「寒中御見舞」(小寒1月5、6日~立春2月3、4日)として贈ることが可能です。
次に大事なのは、贈る品物をどんな物にするかですが、やはり今も食品や実用品が多く、ご予算3,000~5,000円くらいのものが相場のようです。

商品券はもらいたいギフト人気NO.1!

さて肝心の商品券ですが、以前は敬遠される向きもありましたが、今やマナー違反どころか下のデータが示す通り、お歳暮のランキングで「もらいたいもの」の第一位に昇るほどの人気になっています。

<お歳暮ベスト10>
食品・日用品が根強い人気。
好みを選ばず、あると便利な保存の利くものが主流。(出典:Present Garden)


和菓子詰め合わせ

花麹菊家・由布院逸品づくし\5,000 お茶請けに良いものも好適です。
大切なのは、先様に喜んでいただけること。日頃お世話になっていることに対する感謝の気持ちを伝えることが一番なので、贈る相手を思い描き、本当にふさわしいものだと心から感じられれば礼を失することはないはずです。

金額が明確なものに抵抗を感じる方は、あまり多くはないのですが金額が記入されていない商品券やギフト券を選ぶ方法もあります。また金券という体裁を避けたい場合にはカタログ式のものにするなどやはり品物に近い贈り方の方がよろしいかも知れません。

いずれにしても気持ちが大事。お互いに贈り合うことが基本の習慣ですが、お歳暮返しをしない場合でも、届いたその日に電話やメール、礼状などで感謝の言葉をお返しする姿勢を持ちたいものです。

■お歳暮関連サイト
ご贈答マナー

※詳しい「お歳暮マナー・贈る時期と金額」はAll About>>ファミリー・スタイル>>冠婚葬祭のこちら
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。