松竹は、豪華な顔ぶれが特徴

大阪松竹座
松竹の殿堂・大阪松竹座です。松竹新喜劇ならココ!
松竹系列の劇場としては大阪松竹座(大阪市営地下鉄「なんば駅」から徒歩約2分)が筆頭です。大正12年(1923)に出来た日本初の本格的な洋式劇場で、月替わりで歌舞伎、新劇、松竹新喜劇などを上演しています。松竹新喜劇は全国区のタレントがゲスト出演したりと豪華な顔ぶれが特徴的で、円熟の芸を楽しむことが出来ます。

また、松竹の若手芸人が活躍する劇場としては、新世界にある通天閣劇場 TENGEKI(大阪市営地下鉄「恵美須町」から徒歩約4分)があります。通天閣の真下にある地下劇場で、毎週土日に2回公演で漫才、コント、落語などが定期的に開催されています。吉本のお笑いとは、またひと味ちがう松竹のお笑い。この2つを味わってこその大阪のお笑い文化の全容がわかりますので、お笑いファンはお見逃しなく!