スニッピングツール"
Windows Vistaの便利な画面キャプチャソフト"スニッピングツール"
WindowsXPまでは、画面を画像として保存しようと思うと「Print Screen」で撮った画像を、ペイントで保存しなくてはならずかなり面倒でした。ところが画面を撮ったあと、トリミングまでできてそのまま画像で保存できる"スニッピングツール"というソフトがWindows Vistaには標準で搭載されています。今日はその使い方をご説明します。いろいろな場面で活躍できる機能ですよ。



【INDEX】
1ページ目・・スニッピングの基本的な使い方
2ページ目・・設定を変更(枠線)
3ページ目・・コメントの追加
4ページ目・・メニューのキャプチャの仕方



スニッピングの基本的な使い方

まずは基本的な使い方からご説明しましょう。
1)[スタート]-[すべてのプログラム]-[アクセサリ]-[Snnipping Tool]をクリックします。



2)初回起動時に、クイック起動バーに入れるかどうかのメッセージが表示されます。入れておくと便利ですが、クイック起動バーに入れるとスタートメニューのアクセサリからは削除されますので、気をつけてください。(あとから設定することもできます)

3)起動すると、新規作成となっていて、マウスポインタが十字になっています。「キャプチャする領域の周りにカーソルをドラッグしてください」と表示されています。



4)自分で使いたい画面個所を斜めにドラッグし、切り取ります。初期設定では、四角に囲む状態で切り取ります。今回は「Google」のサイトの一部を斜めにドラッグし、切り取ってみました。別画面で切り取った部分が表示されます。



5)これを名前を付けて保存します。[ファイル]-[名前を付けて保存]か、上部の[切り取り領域の保存]ボタンをクリックします。保存先を指定して、わかりやすい名前を付けて保存しましょう。今回はピクチャに「Googleキャプチャ」という名前を付けて保存しました。



6)Wordを起動し、「挿入」タブから[図]をクリックし、保存先から画像を選択し、挿入します。



7)赤い枠線ごと、Wordの用紙に挿入されています。これは初期設定のまま使った場合です。この枠線の色を変更したり、枠線はいらないなどの設定を変えるのは、次のページでご説明します。



次のページで設定の変更とコメントの追加方法をご説明します⇒