女性の健康

年間1万件以上も…なぜ40代以上でも人工妊娠中絶数が多いのか

【産婦人科医が解説】望まない妊娠で人工妊娠中絶を選択するのは、未婚の若者だけではありません。令和3年度の40代以上の人工妊娠中絶数は1万3270件。現状と、考えられる問題点、望まない妊娠を防ぐために40代以上も知っておきたい妊娠の知識をご紹介します。

清水 なほみ

執筆者:清水 なほみ

産婦人科医 / 女性の病気ガイド

40代の妊娠

40代を過ぎての「予定外の妊娠」に戸惑うケースは珍しくないようです

人工妊娠中絶は10代・20代の若者だけの問題ではありません。実は40代以上の人工妊娠中絶も、例年1万件以上が報告されています。

厚生労働省が発表している「令和3年度衛生行政報告例の人工妊娠中絶の年齢階級別件数」によると、1年間の人工妊娠中絶件数は、20歳未満が9093件、20~24歳が3万882件、25~29歳が2万6087件でした。一方で、40~44歳が1万2018件、45~49歳が1252件と、40歳以上の中絶件数も決して少ないとはいえません。
 

40代の妊娠は「望まない妊娠」「予定外の妊娠」であることも……

40代の妊娠は、妊活や不妊治療などの結果としての「待ち望んだ妊娠」であることも多い一方で、すでに20代、30代で出産を終えた人にとって「望まない妊娠」「予定外の妊娠」であることも珍しくありません。

実は40代でも、正しい避妊の知識がない方も多く見受けられます。「すでに生理不順などの更年期症状があった」「簡単に妊娠するわけがないと思っていた」といった思い込みから、適切な避妊を行わず、結果として妊娠してしまうケースがあるのです。1回だけの性行為でも、膣外射精でも、妊娠する可能性は十分にあります。
 

40代でも更年期でも、妊娠を希望しないなら確実な避妊を

また、日本人の7~8割はいまだにコンドームでの避妊を選択していますが、実はコンドームのみでの避妊は不確実な避妊法です。確実な避妊をしたければ、ピルや子宮内避妊具を入れる方法があります。10代、20代と同じように、「今は妊娠を希望しない」のであれば、確実な避妊の上で性行為を行うことが大切です。

さらに詳しく知りたい方は「40代高齢の妊娠中絶手術が実は増えている!」もあわせてご覧ください。

■参考
令和3年度衛生行政報告例概況より『母体保護関係』(厚生労働省)
【編集部からのお知らせ】
・「20代男性俳優」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!(目安所要時間5分)

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※回答上限に達し次第、予定より早く回答を締め切る場合があります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます