節約

【ダイソー】ドラム式洗濯機のしつこいホコリ汚れが驚くほど落ちる! キッチングッズの「じゃない使い方」

ドラム式洗濯機を使っている人の共通のお悩みといえば、頑固な扉のホコリ掃除。気付いたら溜まったホコリが固まっていて、掃除が大変!という方もいるのではないでしょうか。今回は100円ショップ・ダイソーのキッチン用品を使ってドラム式洗濯機をきれいにする方法をご紹介します。

矢野 きくの

執筆者:矢野 きくの

節約ガイド

ほこり掃除が大変なドラム式洗濯機の扉

ホコリが溜まりやすいドラム式洗濯機の扉

ドラム式洗濯機を使っている人の共通のお悩みのひとつに、「扉のホコリ掃除」があるのではないでしょうか。気付いたら溜まって固まってしまっているホコリは、掃除するのも一苦労です。

そこで今回は、100円ショップ・ダイソーのキッチン用品でドラム式洗濯機を掃除する方法をご紹介! 商品の本来の用途とは異なる「じゃない使い方」ですが、驚くほどラクにきれいになるんです。
 

ドラム式洗濯機のパッキンに、ホコリがこびり付いていませんか?

ドラム式洗濯機の扉に付いた、しっかりとした厚手のパッキン。ここは非常にホコリが溜まりやすい部分です。

洗濯機によっては洗浄時にパッキンの糸くずなどを一緒に洗い流してくれるタイプもありますが、筆者が取材でお邪魔する多くのご家庭のパッキンにはホコリがこびり付いています。
ドラム式洗濯機の窓パッキン

しばらく掃除をしないと頑固なホコリが溜まるパッキン

単なるホコリであれば、さっと拭けば取れますが、ドラム式洗濯機の扉パッキンのホコリはそうもいきません。一度濡れて乾燥したホコリが付いており、張り付くように頑固な汚れになってしまうからです。
 

パッキン奥のホコリは、ダイソーの「ペットボトル洗い」ですっきり!

ダイソー「ペットボトル洗い」じゃない使い方で洗濯機掃除

ダイソー「ペットボトル洗い」でドラム式洗濯機のパッキン掃除

「じゃない使い方」のおすすめアイテム1つ目は、アクリル繊維でできたダイソーの「ペットボトル洗い」(税込110円)。
100均ダイソーペットボトルブラシをじゃない使い方

パッキンの奥にしっかり入るダイソーの「ペットボトル洗い」

ドラム式洗濯機の扉パッキンの奥部分にジャストフィットし、中に入れてぐるっと一周するとホコリがごっそりと付いてきます。
ドラム式洗濯機の扉パッキン掃除

ドラム式洗濯機の扉パッキンのホコリがごっそり取れた

これは、アクリル繊維がホコリを吸着しやすいから。奥の方に付いたホコリまでしっかり掃除することができます。しばらく掃除しておらず、頑固な汚れがこびり付いてしまっている場合は、何度か繰り返してこするといいでしょう。
 

細かいパーツはダイソーの「タンブラー・中栓洗い」にお任せ

パッキンの汚れが取れたら、あとは細かいパーツに入り込んだ汚れの掃除です。ここではダイソーの「タンブラー・中栓洗い」(税込110円)が「じゃない使い方」で活躍してくれます。
ドラム式洗濯機 扉ほこり掃除にダイソーの100円グッズ

ドラム式洗濯機 扉の細かいパーツはダイソーの「タンブラー・中栓洗い」

まずは溝掃除。「タンブラー・中栓洗い」のヘラタイプのブラシを水で濡らし、溝にこびり付いたホコリをこするだけ。普段掃除しづらい溝部分のホコリ汚れをすっきり落とすことができます。洗濯機掃除 100円ショップダイソーのボトル用グッズをじゃない使い方

広い面は平たいブラシ

細い穴は「タンブラー・中栓洗い」の極細ブラシがおすすめ。奥に固まって詰まっていたホコリ汚れも、極細ブラシでしっかりきれいに掃除できます。
ドラム式洗濯機 パッキンのほこり掃除

ダイソーの「タンブラー・中栓洗い」の極細ブラシがおすすめ

衣類をきれいにするための洗濯機は、それ自体を清潔な状態にしておきたいですね。今回は100円ショップ・ダイソーのキッチングッズでドラム式洗濯機のホコリ汚れを掃除する方法をご紹介しました。「じゃない使い方」ですが、効果は抜群です! ぜひお試しください。
【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場で節約関連の書籍を見るAmazon で節約対策の書籍を見る
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます