貯蓄

株を売るベストタイミングは、いつ?

先日、こんな質問をいただきました。「このあいだ、株を買いました。株を選んで買うまでは良かったのですが、恥ずかしいことに買ってから『いつ売るのがいいのか?』が分からないことに気づきました。どんなタイミングに売るのがオススメですか?」。今回は、この質問にお答えします。

中原 良太

執筆者:中原 良太

エビデンスに基づく資産活用&マネープランガイド

  • Comment Page Icon
先日、こんな質問をいただきました。

「このあいだ、株を買いました。株を選んで買うまでは良かったのですが、恥ずかしいことに買ってから『いつ売るのがいいのか?』が分からないことに気づきました。どんなタイミングに売るのがオススメですか?」

今回は、この質問にお答えします。
株を売るのはいつ?

株を売るのはいつ?

 

株を売るベストタイミングは、いつ?

ずばり結論から書きます。

株を売るベストタイミングは、【1】下がるリスクに耐えられないとき、【2】他にもっと優先すべき使い道が出てきたとき、の2つです。

1つ目のベストタイミングは「下がるリスクに耐えられないとき」です。
例えば、以下のような場合が当てはまります。

◯買った株が値上がりして、もう割安ではなくなった
◯買った株の業績が悪くなって、下がる恐れが出てきた

買った株が割安でなくなった場合は、株価が下がるリスクが上がります。そのまま持っていても危険ですから、株を売って利益を確定するのがよいでしょう。株を買う前に、「いくらになったら売る」という目標価格などを決めておくと、対応しやすいです。

ほかにも、買った株の業績が悪くなって、株価が下がるリスクが上がった場合も同じです。この場合でも、株を買う前に「業績がこれくらい悪くなったら売ろう」と、前もって決めておくと、スムーズに対応できるのでオススメです。

2つ目のベストタイミングは「他にもっと優先すべき使いみちが出てきたとき」です。
たとえば、以下のような場合が当てはまります。

◯急な入り用で、株を売って現金を作る必要が出てきた
◯魅力的な投資先があり、乗り換えたほうが儲かる可能性が高い

冠婚葬祭など、急な入り用でお金が必要になることがあります。この場合、多少、納得がいかなくても株を売らざるを得ないでしょう。

ほかにも、買った株とは別に魅力的な投資先を見つけた場合も挙げられます。つまり、「いま持っている株でも儲かると思うけれど、乗り換えたほうがもっと儲かりそうだ」という場合です。この場合も、いま持っている株をすこし売って、新しく見つけた投資先にお金を割り当てるのが合理的です。
 

まとめ

要点をまとめると、
「下がるリスクに耐えられない株は売るべき」
「ほかに優先すべき使い道があるときにも、株を売るべき」

と集約できます。

株式投資では、「何を買うか?」「いつ買うか?」が大事なことは言うまでもありません。そして、それと同じくらい「いつ売るか?」でも収支が変わります。売りどきを見失うと、せっかくの利益が台無しになってしまうことがあります。そうならないためにも、株の売りどきに困っている方は、この記事の内容を参考にしてみてはいかがでしょう?
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/6/30まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます