脳科学・脳の健康

Q. 病気が原因で、犯罪行為をしてしまうことはあるのでしょうか?

【脳科学者が解説】万引きや痴漢などの犯罪行為は許されることではありません。しかし、本人の人格・性格に関係なく、反社会的・非道徳的な行動を取ってしまう病気もあります。わかりやすく解説します。

阿部 和穂

執筆者:阿部 和穂

脳科学・医薬ガイド

Q. 病気が原因で、犯罪行為をしてしまうことはありえますか?

病気が原因の犯罪にはどのように対処すべきか

病気が原因の犯罪にはどのように対処すべきか

著名な人や、社会的にも地位のある活動をしていた人が、万引きなどの犯罪行為で捕まったと聞くと、びっくりしてしまうと思います。中には、病気が関与しているかもしれないケースもあるようです。わかりやすく解説します。

Q.  「人格者だと思っていた人が万引きで捕まったという話を聞き、びっくりしました。モラルも高い人で、悪びれずに犯罪行為をするとはとても思えません。何かの病気が原因ということは考えられますか?」
 

A. 本来の性格に関係なく、反社会的な行動をしてしまう病気はあります

万引きなどの犯罪行為の背景には、本人にしかわからない動機や事情があるかもしれませんので、すべてが病気のせいとは言えません。

しかし、このような反社会的な行動をしてしまう病気は、実際にいくつかあります。代表的なものの一つとして、脳の病気である「ピック病」が挙げられます。ピック病とは、「ピック球」と呼ばれる異常な物質が、大脳の前頭葉と側頭葉の神経細胞内に現れ、脳が委縮してしまう病気です。原因はまだ明らかになっていません。

前頭葉は、感情のコントロールや理性などを司っている部分です。そのため、この機能が阻害されると、本来の人格・性格には関係なく、自己中心的・反社会的・非道徳的な行動を取ってしまうことがあります。

この病気の場合、残念ながらまだ治療法がありません。ご家族や身近な方が正しく監督を行ったり、地域や周囲のサポートを受けたりして、本人の再犯を防止することも必要です。
【編集部からのお知らせ】
・「20代男性俳優」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!(目安所要時間5分)

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※回答上限に達し次第、予定より早く回答を締め切る場合があります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます