預金・貯金

お金の知識ゼロの人がお金を貯めるにはどうするべき?

お金を貯めたいけれど、お金の知識がないから、どうしたらよいのか分からない。そのような場合には、どのようなアクションからスタートするべきなのでしょうか?

飯田 道子

執筆者:飯田 道子

金運アップ、ポジティブお金術ガイド

  • Comment Page Icon
お金を貯めたいけれど、お金の知識がないから、どうしたらよいのか分からない。そのような場合、まずどのようなアクションからスタートするとよいかをお伝えします。
 

1. 貯まらない原因を突き止める

大切なのは「どうしてお金が貯まらないのか?」を突き止めることです。お金を無駄にしている原因を突き止めることができれば、対策が立てられます。

お金が貯まらない人でも、毎月、やりくりできているなら、収入は足りているということです。まずは「毎月のお金の流れを把握すること」に注力してください。おすすめの方法としては、お小遣い帳程度のものでよいので、家計簿をつけることです。

このとき、クレジットカードで決済したものも忘れないようにメモしておき、実際の決済月に支払う金額を組み込んで計算します。クレジットカードは一種の借金です。カードの未決済額を増やし過ぎないよう、注意しながら利用しましょう。
 

2. 無駄を見直す

最低でも1カ月以上、お金の流れを確認してみましょう。このとき、滅多に行くことのないスポーツクラブや使わなくなっている会員システムの利用料金等は、思い切って解約するようにします。

ただし、無駄と思う価値観は人によって違います。自分が大切にしたいこと、お金を使わなければならないと思っていることがあるなら、それは必要なお金です。極端に節約すると、かえってストレスがたまってしまいます。何事もほどほどにすることを忘れないようにしてください。
 

3. 毎月の貯蓄額を決める

お金の流れが分かったら、毎月いくら貯めるかを決めて、銀行等に預け入れます。面倒なことはしたくないなら、給与天引きで積み立ててみましょう。

預け入れるお金は、その月に残ったお金ではなく、使う前に預け入れるのがポイントです。そうすることで、手元にあるお金で生活することが身につきます。

とはいえ無理は禁物です。まずは1カ月のお金の流れを見直して、無駄だと判断した金額を目安に、お金を貯めるようにすれば無理はありません。
 

4. お金に関する知識を身につけよう

貯める習慣を身につけながら、お金について学ぶことも必要です。お金に関する知識があれば、より有効な方法で運用することができたり、貯められたりすることがあるからです。

お金に関する知識は、「本を読んで勉強する」という人もいるかと思います。そのときには、図書館で借りる等、お金を使わないで情報を得るとよいですね。

お金に関する知識本はいろいろありますが、いきなり難しいものを読むよりは、漫画などの親しみやすいものから、スタートすることをおすすめします。

お金を貯める意識を持ちながら、徐々に節約にも目を向けられるようになったら、貯めるマインドが養われている証拠。自分のペースを保ちながら、情報を集めてみてくださいね。
知識2023

お金に関する知識本は漫画など、親しみやすいものから読んでみるのがおすすめ


お金を貯めるために何よりも大切なことは、小さな習慣の積み重ねです。そして、自分にご褒美あげて、楽しく続けられるようにしておくことも忘れないでください。

「見直す→貯める→学ぶ」のステップで、お金が貯まる体質になりましょう。

【関連記事をチェック!】
元銀行員は見た!お金が貯まる人の何気ない習慣3つ
お金持ちの人が毎日やっている習慣は?
今は100万円しか貯金がない人が、1000万円貯金を目指すためのヒント
 
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/6/30まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます