子育て

【子育てヒヤッと!】買い物中に子どもが突然いなくなった!? トラブルを未然に防ぐためにはどうする?

All Aboutが実施した「子育て」に関するアンケート調査では、「買い物中に子どもが突然いなくなったことはありますか?」という質問に対して60%以上の人が「ある」と回答。All About子育てガイドで公認心理師の筆者が予防策を解説します。

佐藤 めぐみ

執筆者:佐藤 めぐみ

子育てガイド

買い物中に子どもが突然いなくなった!?

All Aboutは「子育て中にヒヤッとしたエピソード」についてアンケート調査を実施し、250件以上の回答が寄せられました。その中で、「買い物中に子どもが突然いなくなってヒヤッとしたことがありますか?」という質問に対して、60%以上の人があると回答。
買い物ヒヤッと
そこで、All About子育てガイドで公認心理師の筆者が、なぜこのようなトラブルが起こるのか、どのように対策をしたらいいのか解説します。
 

スーパーやショッピングモールは子どもにとってパラダイス

子育て中にヒヤッとすることはたくさんありますが、今回のアンケート結果を見ると、「買い物中に子どもが突然いなくなってしまった」というのは多くの家庭が経験していると分かります。

なぜ買い物中に子どもが突然いなくなりやすいのかといえば、スーパーやショッピングモールは子どものパラダイスでもあるからです。

買い物ヒヤッと
実際、回答者からも「お菓子コーナーやおもちゃコーナーにいた」というコメントが多く寄せられたように、お店には子どもがほしくてたまらない商品が目白押しです。なかなか買ってもらえない憧れのおもちゃ、テレビCMで見かけて気になっていたスナック菓子……など、子どもの興味関心を引く魅力的なものがたくさん並んでいるのです。
 

子どもが好きなものに引き寄せられてしまうのは当然

もちろん店舗側も消費者に商品を買ってもらうために見せ方を工夫していますから、そこに子どもの気持ちが引き寄せられてしまうのは当然といえば当然でしょう。

だからといって、万が一のことを考えれば「じゃあしょうがない」と片づけるわけにはいきません。

買い物ヒヤッと
こういう場面で、もし時間が許すなら、子どものお菓子見学に一緒に付き合ってあげるというのも良いと思います。でも、日々忙しくしている方が多いので、“いつも”というわけにはいかないでしょう。
 

対策は「家の中」から

では、どのように対策したらいいのか悩むところですが、1つ言えることは、家庭内でできていないことを外で要求するのは難しいということです。

筆者が日々の育児相談で感じているのは、家の中で親の指示が通りにくくなっている場合、外出先ではもっと届きにくくなるということ。「おててつなぐよ」「バギーに乗って」と言っても、イヤ! と反抗されてしまうわけです。

買い物ヒヤッと
よって、少し遠回りに思えるかもしれませんが、対策は「家の中」から始めましょう。まずは基礎的な約束(特に身の危険につながること)を優先し、家の中で親の言うことを聞く経験、ちょっと我慢する経験を意識的にさせてあげるようにしてください。
 

できたら「褒める」もお忘れなく!

買い物ヒヤッと
そして、約束通りにできたら褒めることで、いいサイクルを作ってほしいと思います。そうすることで、スーパーなどの外出先でも「おててつなぐよ」という約束が守れるようになっていきます。

小さい子であっても、日々の生活の中で、親の言うことを聞く経験を積むのはとても大切なので、もしも「家の中では好き放題させてあげたいな」と思っていたら、これを機に見直すことをおすすめします。

イラスト:せるこ(@seruko

【関連記事】
【子育てヒヤッと!】知らない人に声をかけられても子どもが付いていかないためには?
【編集部おすすめの購入サイト】
Amazon で子育ての書籍をチェック!楽天市場で子育て関連の書籍をチェック!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※乳幼児の発育には個人差があります。記事内容は全ての乳幼児への有効性を保証するものではありません。気になる徴候が見られる場合は、自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます