関東甲信越の鉄道で旅情を味わう方法

東海道本線を走る15両編成の電車の中でクロスシートはごく僅かだ

東海道本線を走る15両編成の電車の中でクロスシートはごく僅かだ

首都圏は日本一の通勤路線網とあって、東京を中心としたJRネットワークには、通勤時間帯を中心に数多くの列車が走っている。いずれも、大混雑の通勤対策ということもあって、かなりの長距離列車であってもロングシート主体の車内設備にならざるをえない。

逆の意味で言えば、鉄道旅行をするには不向きの地域であるかもしれない。10両以上の編成の電車で、数少ないクロスシートを探すのは困難を極め、たとえクロスシートを見つけても、途中駅からの乗車であれば、空いている席を見つけるのは絶望的ですらある。

それでも、何とか快適に鉄道旅行をしたいと思う。それなら、思い切ってグリーン車に乗ればよい。しかも、二階建てであれば見晴らしは抜群なのだ。ただ、問題は料金である。