iPhone

iPhoneのカメラで邪魔な背景を写さず被写体だけを撮影する方法

iPhoneで撮影するときに写り込んでしまう、被写体の後ろの人や物を消したい。そんなときは「ポートレート」モードの「ステージ照明」を使うのがおすすめです。やり方を分かりやすく解説します。

ばんか

執筆者:ばんか

インターネットサービスガイド

邪魔な背景を写さず被写体だけを撮影する方法

邪魔な背景を写さず被写体だけを撮影する方法

iPhoneで何か物撮りをするとき、被写体の後ろにある人や物が写り込んでしまって困った経験はないですか?

そんなときは「ポートレート」モードの「ステージ照明」を使ってみましょう。背景を真っ暗にして、被写体だけにフォーカスした写真を撮ることできます。
 

ポートレートモード「ステージ照明」を活用する

普段であれば、このような構図の場合、背景の人たちがどうしても写り込んでしまいます。そんなときに便利な技をご紹介しましょう。

1. 
iPhoneのカメラを起動したら、カメラのモードで「ポートレート」を選択します。
邪魔な背景を写さず被写体だけを撮影する方法

カメラを起動して「ポートレート」を選択


2. 
いくつかのモードが用意されているので、その中から「ステージ照明」を選択します。
邪魔な背景を写さず被写体だけを撮影する方法

「ステージ照明」を選択


​​​​​​3. 
画面に円が表示されますので、被写体がその中に収まるようにして、シャッターを切ります。
邪魔な背景を写さず被写体だけを撮影する方法

被写体がその中に収まるようにして、シャッターを切る


​​​​​​4. 
すると、被写体に「ステージ照明」が当たったような描写になり、背景が真っ暗となります。
邪魔な背景を写さず被写体だけを撮影する方法

被写体に「ステージ照明」が当たったような描写になり、背景が真っ暗に

 

真っ暗ではなく、強くぼかされば良い!という場合

もし「背景を真っ黒にするのではなく、強くぼかせるのであれば、それで十分」という場合は、写真のF値を後から変更しましょう。

1. 
ポートレートモードで撮影した写真を選択したら、右上の「編集」をタップ。そして画面下のメニューからポートレートの種類を「自然光」に変更します。
 
邪魔な背景を写さず被写体だけを撮影する方法

ポートレートモードで撮影した写真を選択したら、右上の「編集」をタップ。画面下のメニューからポートレートの種類を「自然光」に変更


2. 
左上に「 f ***」と表記されたアイコンがありますので、これをタップします。画面下にメジャーが表示されますので、この値を変更します。f値は、小さくなればなるほど “ボケ感” が強くなります。
 
邪魔な背景を写さず被写体だけを撮影する方法

f値のアイコンをタップ。f値が小さいほど “ボケ感” が強くなる



【おすすめ記事】
今さら聞けない! けど超大事なiPhoneのカメラで使える便利機能6選
iPhoneで気持ちが悪い写真の傾きを直す方法! 台形補正・歪み補正のやり方
iOS 16の新機能「被写体切り抜き」の精度がスゴい! クセもあるけど手軽で有用
iPhoneで動画の途中を削除する方法! 「iMovie」で簡単に編集するやり方
iPhoneで撮影した写真に後からボケ感を追加できる! アプリ「Focos」の使い方

 
【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場で iPhone の関連商品を見るAmazon で人気の iPhone 用品を見る
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます