実質6カ月無料で使える「LINEMO」

楽天モバイルが0円プランを廃止すると発表したことで、スマホ業界ではキャンペーン合戦が盛り上がりを見せ始めた。各社とも、かつて楽天モバイルに奪われたユーザーを取り戻そうと、採算度外視でキャンペーンを打ち始めたのだ。

中でも注目はソフトバンクのオンライン専用プラン「LINEMO」だ。

月間3GBの「ミニプラン」990円が最大6カ月、実質無料で利用できるのだ。LINEMOのミニプランを新しい番号で契約、もしくは他社から乗り換えると、最大6カ月、PayPayポイントが990円相当もらえるという。
半年間、実質無料に

半年間、実質無料に(出典:キャンペーンサイト

povo2.0の0円はまともな通信速度が出ないが、LINEMOであれば普通に3GBまで使えて、実質無料で6カ月分、回線を維持できてしまう。

楽天モバイルから他社への移行を考えているのであれば、とりあえずLINEMOのミニプランにMNPするのがいいだろう。半年近くLINEMOを使ってみて、その後、別のキャリアやブランドへの移行を検討するのがいいのではないか。

かつては「2年縛り」や「契約解除料」などがあり、さらにはMNPの転出手数料や契約事務手数料などが存在していた。しかし総務省の意向もあり、そうした手数料は軒並み撤廃されている。

「思い立ったら、すぐに無料で乗り換え」が可能な今、とりあえず実質無料で使える期間が終わったら、とっとと次のキャリアやブランドに移行するのが最もお得といえるだろう。

LINEMOのミニプランの場合、PayPayポイントが付与されるのは「開通日の属する月の翌々月~7カ月後までの6カ月間、毎月末付与予定」となっているため、6カ月きっかりで辞めるというのは損することになる。

2カ月程度、基本料である990円を支払うことになるのは受け入れるしかない。しかし、それでも8カ月のうち6カ月は実質無料で回線を維持できるのだから、結構、魅力的ではないか。
 

スマホの料金プランは気軽に楽しく変えられる時代に

もはや、スマホの料金プランは「このキャリアと一生付き合う」なんてものではない。毎月のように各社のキャンペーンをチェックして、毎月のようにキャリアを変更していくというのも可能になった。

2022年後半は、キャリアやMVNOによる、楽天モバイルユーザーの争奪戦が始まることが予想される。「できるだけ、通信費用は安価にしたい」のであれば、各社のキャンペーン情報をこまめにチェックして、さまざまなキャリアやブランドを頻繁に乗り換えていくのが楽しいだろう。



【おすすめ記事】
「スマホデビュー」で後悔しない料金プラン、3大キャリアのおすすめはコレだ!
一括1円も! 「iPhone SE」をいま買うなら第3世代にすべき理由
「月額0円」終了の楽天モバイルから「povo2.0」に乗り換える際の注意点
楽天モバイル「月額0円」廃止、それでも楽天を使い続けるメリットは2つ
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。