多彩なアレンジで人気拡大中の「わらび餅」 

スプーンで食べる くちどけわらび

わらび餅をたっぷり食べたい人には、たまらないビジュアル!

和菓子の中でも人気のわらび餅。食べやすい大きさにカットされ、黒蜜やきな粉をかけて食べるのが一般的ですが、近年はドリンクになったり、ホイップクリームやフルーツを合わせたりと多彩なアレンジがなされ、コンビニでも毎年いろいろなわらび餅が発売されています。
 

シンプルすぎる見た目が潔い! セブンの「くちどけわらび」

スプーンで食べる くちどけわらび

セブンイレブンで発売中の「スプーンで食べる くちどけわらび」

ご紹介するのは、セブンイレブンの「スプーンで食べる くちどけわらび」(税込205.20円)。カップいっぱいに透明なわらび餅が入っており、見た目はザ・シンプル! 別添で黒蜜がついています。
 

ぷるぷる、びよーん! 食感が楽しい

スプーンで食べる くちどけわらび

スプーンですくうと、びよーんと伸びるほどの弾力があり、やわらかな食感

見た目にもぷるぷる感が伝わってくるわらび餅は、スプーンをエイッと持ち上げてすくわないと逃げてしまうほど粘り気が強いのですが、口どけはごくやわらか。わらび餅自体に甘みがつけてあるので、黒蜜をかけずにそのままでもおいしくいただけます。
 

黒蜜をかけて「味変」を楽しむ!

スプーンで食べる くちどけわらび

黒蜜をかけると、味の変化も楽しめます

少し食べたところで黒蜜をかけて、味の変化を楽しんでみます。黒蜜は淡い色で香りもやさしめですが、甘みはしっかりあるので、わらび餅と一緒に食べると結構甘く感じられます。
 

黒蜜+きな粉など、自宅ならではのアレンジも

スプーンで食べる くちどけわらび

黒蜜は少しずつかけて、甘みを調整しながらいただきました

黒蜜を一気にかけて混ぜて食べたり、少しずつかけて甘みを調整したり、食べ方はお好みで。

もちろんそのままでもおいしいのですが、個人的にはわらび餅にはやっぱりきな粉が欲しくなりました! きな粉の香ばしさが加わると、わらび餅の甘みが緩和されてちょうどいい味わいになるので、ご自宅にきな粉があればぜひお試しください。
 

とろとろの食感がクセになる!

スプーンで食べる くちどけわらび

とろとろの食感は、また食べたくなる中毒性アリ!

京都や専門店で味わえる、できたてとろとろのわらび餅を思わせるような食感で、クセになるおいしさでした。さらに、ボリュームがありつつも200円ちょっとという価格帯も魅力。暑い夏にもさっぱり味わえるので、これからの季節にぜひ味わっていただきたい商品です。

<最新のコンビニスイーツ記事>
人気スイーツにピスタチオ味が出た!セブンから新作「ピスタチオもこ」が発売中
抹茶が濃~い! ローソン×森半コラボの新作スイーツは“抹茶づくし”のオトナ味

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。