昨今のスマートフォンは、ハイエンドモデルの場合20万円前後の価格帯となっています。一方、ミドルレンジモデルは5万円以下で、ハイエンドモデルに近い性能を搭載したコスパの高い機種もあります。

今回はXiaomi(シャオミ)が5月19日に発表した5G対応スマホ「Redmi Note 11 Pro 5G」を紹介します。
 

高コスパの「Redmi Note 11 Pro 5G」

XiaomiのRedmiシリーズは、エントリークラスからミドルレンジまでコスパの高い端末がそろっています。Redmi Note 11 Pro 5Gは、ハイエンドモデルに近い仕様を備えながら、4万円台の価格を実現したミドルレンジモデルです。
Redmi Note 11 Pro 5G

Redmi Note 11 Pro 5G

仕様としては、CPUにSnapdragon 695 5Gを搭載し、1億画素カメラ、有機ELディスプレイを搭載など、高い性能になっています。さらに、eSIM、おサイフケータイ、防水防塵に対応しており、さまざまなシーンで使いやすいモデルです。
Redmi Note 11 Pro 5Gは一億画素カメラ、おサイフケータイを搭載

Redmi Note 11 Pro 5Gは1億画素カメラ、おサイフケータイを搭載

 

1億画素カメラは高い解像度

カメラは3眼仕様で、メインカメラが約1億800万画素、マクロカメラ(約200万画素)、超広角カメラ(約800万画素)となっています。メインカメラを約1億800万画素の108Mモードで撮影すると、1万2000×9000ピクセルの高解像度な写真撮影が可能です。
3眼カメラ

3眼カメラ

メインカメラで108Mモード作例(オリジナルデータは12000×9000ピクセル)

メインカメラで108Mモード作例(オリジナルデータは1万2000×9000ピクセル)

108Mモード撮影写真の中央部を拡大例

108Mモード撮影写真の中央部を拡大例

 

有機ELディスプレイは120Hzリフレッシュレートに対応

ディスプレイは、約6.67インチ・有機EL(AMOLED)ディスプレイで鮮やかな表示に対応しており、また120Hzリフレッシュレートで滑らかな動きを表示します。
120Hzのリフレッシュレートに対応

120Hzのリフレッシュレートに対応

 

大容量バッテリーは15分で50%充電可能

同梱物の67W充電器を利用すれば、急速充電が可能です。5000mAhの大容量バッテリーを内蔵しており、15分で約50%、42分で100%の急速充電ができます。
67W充電器を同梱

67W充電器を同梱

Redmi Note 11 Pro 5Gは、ハイエンドモデルに動作速度は及ばないものの、SNSや動画などを日常で楽しむには十分なスペックを持っています。1億画素カメラや高速充電機能など、ハイエンドモデル並みの機能が使えて4万円台は非常にコスパが高い端末といえるでしょう。


【おすすめ記事】
楽天モバイル「月額0円」廃止、それでも楽天を使い続けるメリットは2つ
「Galaxy Z Fold3」はタブレットとスマホの二刀流! 便利な活用方法を解説
ソニーの3代目“着るクーラー”が発売! 「REON POCKET 3」は暑い夏におすすめ
高画質Webカメラ「OBSBOT Tiny 4K」レビュー! 自動追尾で4K動画配信に最適
スマートウォッチ「Amazfit GTR 3」は21日間長時間バッテリーで健康管理に最適

 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。