原因は年齢だけ?「もう歳だから」と諦めてしまう人が考え直したほうがいいこと

「もう歳だから」と感じてしまう人へ。原因は“年齢”だけではないのかもしれません

歳を重ねていくと、やりたいことがあっても、「もう歳だから」と諦めてしまう人は意外といます。そういう人は、諦めてしまう自分のことを心のどこかで肯定できずに苦しんでしまうこともあるでしょう。歳を重ねても、自分が納得できる人生を歩むためには、どうしたらいいのでしょうか?
 

諦める理由は、本当に“年齢”のことだけ?

歳を重ねている人だけでなく、若い人も同様に「自分の身体の声を聞きながら活動する」のは大切なことです。日ごろ体を動かしていないのに、急に走って無理をすれば体が故障したり、若い頃に比べたら、体力が落ち、疲れやすくなったりすることは誰にでもあります。ただ、やり方次第では実現可能なのに、「もう歳だから」とやりたいことをただ諦めてしまう場合には、諦める原因が“年齢以外”にある可能性もあります。

何かを行動するとき、「これをやりたい!」という強い思いが大きなエネルギーを生み、原動力になります。つまり、「もう歳だから」といって諦めてしまっているうちは、「そこまでやりたいわけではない」可能性が高いのです。だったら、本気でやりたいと思うまで保留するのは仕方がありません。たとえ5年後、10年後に、「あのときにやっておけばよかった!」と後悔するときがきても、「あのときは、そこまでやりたいと思っていなかったのだ」ということを理解できていれば、納得できる部分もあるでしょう。

何をしたかどうか以上に、「自分自身が自己の人生に納得できるかどうか」のほうが大切です。たとえ諦めたのだとしても、諦めたことを含めて自分の人生に納得できる場合は、無理をしてまで行動することではないのかもしれません。

人生に正解はありません。周りの人がどう思おうと、あなたの人生はあなたのもの。大切なのは「あなたが自分の人生に納得できているかどうか」だけのことなのです。
 

「年齢による老化」には個人差がある

加齢は、誰もが使いやすい「諦めるためのいい口実」になります。しかし、それだけが理由ではないこともあるでしょう。実際に「年齢による老化」には個人差があります。単に「40歳になったから」「還暦になったから」といって何かを諦めなくてはいけない、ということはありません。そもそも若い頃だって、体力や若々しさには個人差があります。どんな年齢であっても、結局は「自分の心身」と対話をしながら、できるかどうかを判断しなくてはいけません。

本気で何かをやりたいと思っているときは「年齢なんてどうってことない」と感じるもの。それは、自分がやりたいことを、どうにかして実現させたいと強く願っているからです。

何かをやりたいと思ったけど、年齢的にやめておこうと思う場合は、そこにはどんな理由が隠されているのか、きちんと探ったほうがいいでしょう。「やりたいのに、そこまで実現させたいという熱い思いがないのはなぜか」を考えると、逆に、ほかのやりたいことが見つかる可能性もあります。
 

諦めたのではなく、やらないだけ

よほど非現実的なことでない限り、「やりたい」と思ったときにチャレンジできることはたくさんあります。例えば、「富士山に登りたい」と思ったら、低い山から登山を経験し、体を鍛えていけば実現可能かもしれないし、現代の技術ではオンラインで“疑似体験”だってできます。つまり、100%理想通りではなくても、知恵と経験を使えば、やり方次第で実現可能なことは意外とあるのです。

そして、本気でそれをやりたいと思ったら、自分でもやり方を調べるし、理想に少しでも近づくために努力をするもの。むしろ、本人には「努力をしている」という思いがないくらいに、ただ「好きだから」やってしまうものです。それをしないということは、「そこまでの思いはない」ということに過ぎません。諦めたのではなく、やらないだけのことなのです。

人に迷惑さえかけなければ、自分が何をしようがしまいが、自由です。やらない自分を責める必要もありません。とにかく「自分が納得できる人生」を目指して、日々を過ごしていきたいものですね。
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。