お金のこと、難しいですよね。コロナ禍もあって、ますますお金を貯めたい、家計を守りたい、と思っている人もいるのではないでしょうか。皆さんからのちょっとしたお金の疑問にオールアバウトの専門家が回答するコーナーです。今回は、年齢に応じて資産配分を見直すべきかについてです。専門家に質問したい人は、コメント欄に書き込みをお願いします。
 

Q:老後資金を現金4割、投資商品6割で貯めています。年齢に応じて比率を変えるべきでしょうか?

「現在、老後資金を現金4割、貯蓄目的の保険でドル建てと日本円で約5割、金、iDeCo、つみたてNISAで1割、準備しています。今後、この比率をどう変えていけばいいですか?」(さくらさん)
 
老後資金の、現金と投資商品の比率はどのくらいが理想?

老後資金の、現金と投資商品の比率はどのくらいが理想?

 

A:50代以降は投資商品の比率を下げる検討を

通常、年齢を重ねるとリスクはなるべく避けたいものです。今の資産割合だと、5年後、10年後にはややリスク過多になります。理想的なのは、50代のうちに現金と投資商品を半々にし、60代になる頃には現金を6割、投資商品が4割ぐらいのイメージでしょうか。
 
あとはどのような商品を運用しているかにもよりますが、ドル建て保険は、見えないコストが大きく、残念ながら貯蓄性があまりないんですよ。また、iDeCoやつみたてNISAのように節税効果もほとんどありません。
 
それを考えると、もしドル建て保険をやっている場合は、少し減額する、あるいは払い済みにして、iDeCoやつみたてNISAを目いっぱいまでやった方が節税効果も得られ、メリットが大きいといえます。
 
あとは金ですが、1割を上限にして過度に持たないことが重要ですね。「有事の金」といわれているように、平時の場合だとあまり光り輝かないですので。
 
それと、やっぱり何かあったときに保険などはすぐに現金化が難しいし、iDeCoは原則60歳まで引き出せないため、一定の割合で常に現金を持っておくことも大切です。

※専門家に質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。

【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、 アンケートを実施中です!

※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/6/1~2022/6/30まで

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。