ヘアスタイルを決めたいと、ドライヤーやコテで頑張るほど、気になるヘアダメージ! 1日10分以内のケアで、見違えるような美髪を作る方法をご紹介します。

毎日10分で目を見張る美髪に!!

健康な髪は、キューティクルが何層にも重なり合って、内側のコルテックスやメデュラと言われる部分を守っています。

しかし、ヘアカラーやブリーチ、パーマ、ドライヤーの熱、乱暴なシャンプーやブラッシングといった刺激が加わると、表面のキューティクルがめくれあがったり、はがれたり、キューティクル層の間に隙間ができてしまうのです。

こうなると、髪の表面で光が乱反射するため、大切なツヤが失われてしまいます。また、キューティクルがはがれると、外部からの刺激に対する防御機能が低下し、髪のダメージが急速に進行してしまうのです。

【CONTENTS】  
Page1:ミルク&オイルで内側からのビューティーケア
Page2:髪の毛の正しい乾かし方でツヤ髪ゲット

ミルク&オイルで内側からのビューティーケア

◇寝ている間に髪の毛にしっかりと栄養分を補給するため、この春おすすめしたいアイテムがこれ!

手ざわりサラサラのオイルタイプ・しっとりのミルクタイプの2種類で自分に合った質感を選べます。シトラス系の香りがとっても春らしいですよ。

やわらか・うるおいはこれでキープ!
モルトベーネ feaqua
洗った髪はそのまま乾燥させると過剰に水分を失い、毛先がパサつきやすくなります。

「髪を乾燥させた後も水分を保ち、毛先のパサつきを抑えたい」タオルドライ後に毛先を中心に塗布し、ドライヤー等で乾かすことにより、水分の蒸散を抑制しながらダメージを補修します。


サラサラ・つやつやはこれでゲット!
モルトベーネ feaqua
植物由来のオイル成分がドライヤー等の熱による髪の水分蒸散を抑制し、毛先にうるおいを与えます。

また、熱反応型のケラチンタンパク質が髪のダメージ部分に入り込み、ドライヤー等の熱により定着し、補修します。


次のページでは、髪の毛の正しい乾かし方をご紹介します。