「帰省」で疲れてしまう人へ。家族や親戚との関係を無理せず保つ方法

年末年始の恒例行事「帰省」。帰りたくなければ、無理に帰らなくてもいいの?

年末年始の「帰省」で、家族や親戚と集まる人は多いですよね。一方で、帰省に対して「つらい」「疲れる」「できれば行きたくない」と考えている人もいます。家族や親戚との関係を無理せずに保つためには、どうしたらいいのでしょうか。帰省に対する考え方や具体的な行動のヒントをご紹介します。
 

「帰らないこと」も選択肢に入れる

自分の限界は、自分にしか分かりません。帰省して、イライラして我慢の限界を超えて喧嘩になってしまうくらいであれば、帰らないほうがいいでしょう。お互いに、年始めから嫌な気分を味わいたくないですしね。私たちはまずは、自分の心を大切にしなくてはいけません。自分を大切にできなくて、他の人を大切にすることなどできないからです。

ただし、もし帰らないのであれば、相手が「それなら仕方ない」という理由を“嘘でもいいから”考えて、説明したほうがいいでしょう。やはり家族はあなたが帰ってくるのを楽しみにしていることが多いからです。

例えば、「体調がすぐれないから、家でゆっくり過ごす」でもいいし、仕事内容によっては、「年末年始も仕事がある」とか「会社の人たちと年末のカウントダウンをすることになって、付き合いで参加しなくてはいけない」といった理由でも、納得してくれるかもしれません。友達を優先にしても怒らない親なのであれば、「年末年始は友達と過ごすから難しい」でもいいでしょう。

お正月に帰らない代わりに、家族が楽しめるようなお酒やお菓子などを送るようにするといいでしょう。相手は「私(たち)のことを大切に思ってくれているんだ」と感じ、うれしくなったり、安心したりすることもあるはずです。
 

「帰ったらどうなるのか」をシミュレーションしておく

家族や親戚に面倒なことを言われたり、要求されたりしても、我慢できそうなときは帰省しましょう。ただし、前もって、状況をシミュレーションしておくことが大切です。

例えば、親や親戚から、「結婚はまだなの?」「子どもは作らないの?」など、言われたくないようなことを質問される可能性がある場合は、前もって「どう答えたら乗り越えられるのか」を考えておきましょう。

こういう質問をする人は「結婚すること、子どもを産むことが、人生において大事なことで、誰もがしなくてはいけないことなんだ」という偏見を抱いていることがあります。そんな相手に「結婚願望がない」「子どもは欲しくない」などと言って、相手とは違う自分の価値観を主張したり、相手の価値観を否定したりすると、相手は説得しようとするかもしれません。また、喧嘩に発展する可能性も出てきます。

だから、“嘘でもいいので”「いい人がいたら、結婚したいんですけどね」とか、「子どもは欲しいのだけど、なかなかできなくてね」など、「したいと思っているけど、できないんだ」という回答をしておいたほうが無難なことは多いものです。
 

「逃げ場」を考えておく

喧嘩しそうになったら、その場を離れて行ける場所を考えておくことも大切です。実家で家族と集まっていて、まだ自分の部屋が残っている場合、その部屋に駆け込んでもいいし、ない場合は、年末年始に開いているお店などを前もってチェックしておいて「ちょっと出かけてくる」と行って出かけてもいいのです。

地元に帰るのであれば、友達とも遊ぶ約束をすることで、ずっと家にいる必要はなくなります。なにかあったら、その友達の家に泊めてもらうようにしておけば、家族には「久々に会って話したい話がいっぱいあるから、友達の家に泊まる」と言えばいいことも。

喧嘩をするくらいであれば、その場から離れましょう。特に家族は血がつながっているからなのか、お互いに甘えがあり、容赦のない言い合いをしがち。それで絶縁状態になってしまう可能性もゼロではありません。そんなことになってしまったら、みんなの心が傷つくので、できれば避けましょう。
 

喧嘩になるくらいであれば、物理的に距離を空けよう

「親しき仲にも礼儀あり」というように、親であっても、親戚であっても、お互いに気を遣い合うようにすると、喧嘩になりにくいものです。

まずは自分から、気を遣ったり、相手が喜ぶことをしたりしてみましょう。それができないうちは、物理的に距離を空けて会わないようにして、お互いに「遠くから相手の幸せを願う」くらいのほうがいい関係でいられることもあります。

家族であっても、相性が合わないことはあります。ただ、人は月日と共に成長し、変わっていくことが多いので、お互いにもっと成長してから会うようにしたら、関係が改善されるかもしれません。

相性が合わないと感じたときは、無理して会わないほうがいいのです。少なくとも、親や親戚に対して、「こういう人であってほしい」という理想を抱くよりも、「“こういう人”なんだ。だったら、自分はどうやってうまく対応しようか」と思えるようになったほうがうまくいくもの。それができるようになったときには、相手の反応も関係も変わってくることは多いでしょう。

年末年始に「帰省したくない」と思うのであれば、無理に帰らないで、この1年がんばった自分を労うことに時間と労力を使ってみてもいいと思いますよ。

【編集部からのお知らせ】
お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12(水)から1/21(金)まで、10日連続で配信中!
茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金、マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
1日目2022年12星座の金運総覧! あなたはお金が貯まる体質? 投資がうまい体質?」を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。