秋冬はいつものスキンケアアイテムが浸透しにくい……どうして?

ごわつき,スキンケアアイテム,スキンケア,洗顔,角質ケア,ブースター,化粧水

肌のごわつきが気になる40代女性におすすめのスキンケアアイテム

乾燥や冷えが気になる秋冬になってから、肌のごわつきを感じる人も多いのではないでしょうか。そのごわつきを放置していると、どんどんスキンケアアイテムの浸透が悪くなるだけではなく、肌トラブルを引き起こす可能性があります。ごわつきの原因を知り、適したアプローチを行うことが大切です。
 

肌のごわつき対策1:古い角質を落とす

肌のごわつきの原因1つ目は、乾燥や冷えなどによる血行不良で肌のターンオーバーが滞り、肌表面に角質が溜まりやすくなっていること。よって、厚くなってしまった角質を落とすことから始めましょう。とはいえ、乾燥などでデリケートになっている肌に刺激は避けたいところです。

そこで、投入したいのは優しく角質を落とせるアイテム。酵素洗顔や拭き取り化粧水などさまざまなアイテムがありますが、使用するアイテム数を増やしたくないという人のために、洗顔料2品をご紹介します。

■おすすめスキンケア商品1:ボノトックス レッドジンセンヘリテージオイルフォーム
ボノトックス,レッドジンセンヘリテージオイルフォーム,洗顔,洗顔料,韓国コスメ

高麗人参の香りがふわっと漂うケアアイテム

「ビューティ・サイエンス・テクノロジー」を融合し、革新的で斬新な製品開発で注目を集めている、韓国のコスメブランド「ボノトックス」の新製品。リッチな高麗人参由来の美容成分を配合したクレンジングフォームで、洗顔としても使用できます。ブランドを代表する名品「ジンセンオイル」のほか、14種ものオイルを贅沢に配合。肌を潤しながらほぐすエモリエント(潤わせ柔らかくする)効果が期待でき、メイクや汚れ、古い角質を落として柔軟性のある健やかな肌へと導きます。

DATA:「ボノトックス レッドジンセンヘリテージオイルフォーム」(200ml/税込5060円)

■おすすめスキンケア商品2:BARTH BARTH中性重炭酸 洗顔パウダー
洗顔,洗顔パウダー,BARTH,中性重炭酸洗顔パウダー

泡立たないタイプの洗顔料

中性重炭酸入浴剤でお馴染みの「BARTH」の洗顔パウダー。水やぬるま湯で溶いて液状に伸ばし、お肌を優しく撫でるように洗顔してから洗い流します。古い角質や毛穴の汚れもスッキリと落とし、透明感のあるツルツルスベスベの肌に導きます。

DATA:「BARTH BARTH中性重炭酸 洗顔パウダー」(ボトル 50g/3960円)
 

肌のごわつき対策2:ファーストステップでスペシャルケアを取り入れる

肌のごわつきの原因2つ目は、紫外線ダメージの蓄積で肌が乾燥し、保湿機能が低下しやすくなっていること。スキンケアアイテムが浸透しやすい肌に整えるスペシャルケアを、洗顔やクレンジング後のファーストステップで取り入れましょう。

ブースターのほか、紫外線ダメージに向き合いアプローチできるようなアイテムを取り入れるのがおすすめです。以下、2品をご紹介します。

■おすすめスキンケア商品3:リバイタル ローションセラム
資生堂,リバイタル,ローションセラム,化粧液

「紫ファイブ」という独自成分を配合した化粧液

過酷な紫外線環境でも生き抜く、「シソ葉エキス」「ローズマリー葉エキス」「ラベンダー花エキス」「キイチゴエキス」といった「紫ファイブ」と呼ばれる独自成分を配合した化粧液。みずみずしいテクスチャーで心地よく肌に伸び広がり、素早く馴染みます。そして、使い続けることで、紫外線ダメージによる乾燥を防ぎながら、潤いにあふれたツヤ肌へと導きます。

DATA:「リバイタル ローションセラム」(180ml/税込6600円)
※お得なレフィル(165ml/税込5720円)の販売もあります

■おすすめスキンケア商品4:フラコラ ディープ プラセンタエキス原液
フラコラ,原液美容液,ディーププラセンタエキス原液,ブースター

スポイト式で最後まで衛生的に使える

水は一切使用することなく、美容成分100%で作られた原液美容液。さらに、新技術で原液の純度だけではなく、抽出純度まで100%というピュアなプラセンタエキスを高濃度で配合しています。洗顔やクレンジングの直後に使えるサラッとしたテクスチャーながら、次に使うアイテムの浸透を高める効果も期待できます。使い続けることで、透明感と潤いに満ちたハリ肌へと導きます。今冬限定で、こちらの現品に限定のリップやポーチ、美容ドリンクなどが含まれたお得なセット(税込9000円)の販売も。

DATA:「フラコラ ディープ プラセンタエキス原液」(30ml/単品 税込4200円、定期便 税込3780円)

肌のごわつきが気になるからといって、大幅に使用するスキンケアアイテムを入れ替える必要はありません。肌状態に合わせて必要なアイテムを取り入れながら、丁寧なケアを続けてスキンケアアイテムが馴染みやすい肌状態に整えましょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。