不自由だ、息苦しいと感じたら……

支配的な夫

愛情という名の支配を受けると、知らず知らずのうちに心が痛めつけられていく。それに気づくことができないでいると、いつしか自分自身を見失うことになるかもしれない。

 

夫から受けていた支配

「40代半ばになったころから、急に胸が苦しくなったり突発性難聴になったり、体調に異変が現れたんです」

そう言うのは、チサコさん(49歳)だ。29歳のときに結婚、現在、19歳と17歳の子がいる。

彼女はその異変を「更年期症状」だと思っていた。

「私は結婚したとき、職場での人間関係に悩んでいました。だから夫から『働かなくていいよ。きみは主婦業が向いている』と言われてホッとしたんです。家の中を整えたり料理を作ったりするのは好きだったから、夫が言うとおり専業主婦が向いていると思い込んでいました」

子どもたちが少し大きくなったころ、車の免許をとろうと考えたことがある。夫は運転するが彼女は免許を持っていなかったのだ。この先、子どもたちを習い事などへ送り迎えするためにも持っていたほうがいいと考えた。

「ところが夫は、きみには運転は向いてない、危ないから免許をとろうとは思わないでと。夫は私のことが心配でたまらないのだと感じていました」

だから運転はあきらめた。夫が言うように、自分には運転が向いていないと思い込んだのだ。

「ただ、子どもたちが小学校に入ると、私もずっと家にいるのが退屈になってきました。もちろん、家事は終わりのない仕事ですけど、たまには外に出たいし、自分にも何かできることがあるのではないかと考えるようになったんです」

やってみたいことはいろいろあった。読み聞かせのボランティアとか、あるいは趣味としてゴスペルを歌ってみたいとか、楽器を習ってみたいとか。下の子がピアノを習っていたので、自分も習おうかとも思っていた。

「独身時代、私はSEだったんです。だからもう一度、きちんとプログラミングの勉強をしてみようかなとか。だけど夫に言ったら、すべて却下されました。ピアノだけは家に教えに来てもらえばいい、と。そのころからですかね、何かヘンだなと思うようになったのは」

3年前、上の娘がぽつりと言った。「おかあさんはおとうさんに支配されてるよ」と。最初はどういうことかまったくわからなかったのだが、娘は高校生になると同時にジェンダーについて勉強をしていたらしい。

「どう見ても、うちの夫婦関係はおかしいと言うんです。おかあさんは、やりたいことがあってもおとうさんがダメというとあっさり諦める。自分の人生をどうして人に決められて怒らないのって。そういう見方があるのかと目から鱗が落ちた気がしましたね」

チサコさんは、自分の体調不良の原因がそこにあることにも気づいた。実は自分は夫に反対されたことを素直に受け止めていない、本当はやりたいことをやってみたいのにすべて夫が潰すのが不服なのだと。

 

夫に反旗を翻した日

支配的な夫
思い返せば、ずっと夫の言いなりだった。結婚したばかりのころ、短いスカートをはいていたら「人妻がそんな格好をするもんじゃない」と言われて、そうかと思ってやめた。髪を染めたときも「母親らしくない」と言われて黒髪に戻した。

「どうして自分がしたいことを貫いてこなかったんだろうと、初めて後悔しました。私は揉めるのが嫌だったし、専業主婦である以上、夫の言うことを聞くのが当然だと思い込んでいました。でも自分の意志を曲げてまで言いなりになる必要はなかったんですよね」

夫に黙ってパートを始め、本当にやってみたかった弓道教室に通うようになった。ところがある日、たまたま夫が家にいたとき教室から郵便が届き、チサコさんが弓道を習っているのがバレてしまう。

「夫は弓道ってどういうことなんだ、そこに男でもいるのかと言い出して。ああ、このひとはずっとこうやって私を疑っていたから、外に出さないようにしてきたんだとわかったんです。運転免許を取らせなかったのも、習い事に難色を示したのもみんなそういうことだったのか、と。どうして妻を信じられないのかと悲しかったですね」

夫は妻を所有物のように思っていたのだろうか。チサコさんは「私にも自由があるはずだ」と夫に詰め寄った。すると夫は言ったのだ。

「きみは僕のために生きていればいいんだ」と。

「まるきり私の人格など無視した言い方ですよね。ショックでした。夫は社会的地位もあるし立派な人だと思っていたのに……。私は娘が言うように、支配を愛情だと勘違いしていたんです。急に自分が覚醒した気がしました」

上の娘が高校を卒業した今年春、チサコさんは夫に離婚してほしいと申し出た。夫はもちろん、まったく耳を貸さなかった。

「今は娘たちと家を出ています。夫婦関係は調停中。私は離婚したい、夫は離婚したくないと根本的なところで揉めています。でも少なくとも夫と別居したことで、私の体調はすっかりよくなりました。やはり夫が原因だったんです」

パート仕事を増やし、なおかつ夫から別居中の生活費をもらっている。夫は渋っていたようだが、これは法律に基づいて支払われるべきものだ。

「私が私らしく生きていくことが重要だと今は思います。娘も『おかあさん、最近、明るくなったね』と言うんです。本当は調停が続いているし、経済的にも楽ではないんですが、それでも気持ちは開放的になっている。今までの結婚生活は何だったんだろうと振り返るのが怖いです」

それでもチサコさんの人生はまだ続く。ここで軌道修正しなければ一生後悔するという恐怖心が、彼女を自立させつつあるようだ。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。