「iPhone 13」と「iPhone 13 Pro」の最大の違いはカメラにあります。具体的にどういうところが違うのか、それぞれどんな写真が撮れるのか、実際に撮影した写真も交えて紹介します。
 

違うのは画面サイズだけ。13とmini、13 ProとPro Maxで機能差なし

新しい「iPhone 13」シリーズのラインナップは、前モデルと同様に「iPhone 13(以下、13)」と「iPhone 13 mini(以下、mini)」、「iPhone 13 Pro(以下、Pro)」と「iPhone 13 Pro Max(以下、Max)」の4機種。13とminiでは128GB、256GB、512GBの3パターン、ProとMaxではこれに1TBを加えた4パターンのメモリ容量が選べます。
カラーは13とminiがピンク、ブルー、ミッドナイト、スターライト、(PRODUCT)REDの5色展開

カラーは13とminiがピンク、ブルー、ミッドナイト、スターライト、(PRODUCT)REDの5色展開

ProとMaxがシエラブルー、シルバー、ゴールド、グラファイトの4色展開です

ProとMaxがシエラブルー、シルバー、ゴールド、グラファイトの4色展開です

「iPhone 13」シリーズと「iPhone 13 Pro」シリーズでは何が違うのか

4機種はそれぞれにディスプレイサイズや大きさ、またバッテリーの容量が違いますが、それ以外の機能は13とmini、ProとMaxでまったく同じとなっています。そこで13とminiのいわゆる無印の「iPhone 13」シリーズ、ProとMaxの「iPhone 13 Pro」シリーズでは何が違うのか、実際にminiとProを使ってチェックしました。
「iPhone 13 mini」(左)と「iPhone 13 Pro」(右)

「iPhone 13 mini」(左)と「iPhone 13 Pro」(右)

「iPhone 13」シリーズ(左)がカメラが2つ、「iPhone 13 Pro」シリーズは3つ搭載

「iPhone 13」シリーズ(左)がカメラが2つ、「iPhone 13 Pro」シリーズは3つ搭載

無印の13シリーズと13 Proシリーズは、どちらも同じ「A15 Aionicチップ」を搭載しています。これはいわば同じ頭脳を持っているということ。ただしグラフィックの処理能力にはほんの少し違いがあり、同時に複数の処理を行うためのGPUのコアの数はProシリーズのほうが1つ多くなっています。ゲームの種類によっては差が出る可能性もありますが、筆者が試した限りでは両者の間に明らかな違いは感じられませんでした。
 

「ProMotion」テクノロジー搭載のProは、無印よりバッテリー長持ち

ディスプレイはMaxが6.7インチ、miniが5.4インチで、13とProは同じ6.1インチ。いずれも高精細なSuper Retina XDRディスプレイを搭載していますが、Proシリーズの2機種には画面の書き換え速度=リフレッシュレートをコントロールする「ProMotionテクノロジー」が採用されています。

一般にリフレッシュレートが高くなるほど、ゲームやスクロール時の画面の動きが滑らかになる一方で、消費電力も高くなります。「ProMotionテクノロジー」では、書き換え速度を10~120Hzにコントロールすることで、画面の動きを滑らかにしつつ低消費電力を実現。このため、もちろん使い方にもよりますが、13シリーズよりProシリーズのほうがバッテリー駆動時間が長くなっています。

ビデオ再生時のバッテリー駆動時間は13が最大19時間となっているのに対して、Proは最大22時間。ビデオ再生(ストリーミング)時ではさらに、13が最大15時間なのに対して、Proは最大20時間と差が大きくなっています。

なおそれぞれのサイズは以下の通り。いずれも前モデルに比べると少し厚く、重くなっています。また13とProは同じサイズながら、重さはProのほうが30g重くなっています。
  • iPhone 13 mini 高さ131.5×幅64.2×厚さ7.65ミリ、重さ140g
  • iPhone 13 高さ146.7×幅71.5×厚さ7.65ミリ、重さ173g
  • iPhone 13 Pro 高さ146.7×幅71.5×厚さ7.65ミリ、重さ203g
  • iPhone 13 Pro Max 高さ160.8×幅78.1×厚さ7.65ミリ、重さ238g
 

最大の違いはカメラ。マクロから望遠まで幅広く撮れるPro

13シリーズとProシリーズの最も大きな違いは、カメラにあります。13シリーズは広角と超広角のデュアルレンズですが、Proシリーズは望遠を加えたトリプルレンズを搭載しています。

13シリーズはデジタル5倍ズームのみですが、Proシリーズでは光学3倍、デジタルでは15倍までズームが可能。またセンサーサイズも異なるため、それぞれのレンズが取り込める明るさも違います。
「iPhone 13 Pro」シリーズ(右)は広角、超広角に加えて、光学6倍の望遠レンズも備えています

「iPhone 13 Pro」シリーズ(右)は広角、超広角に加えて、光学6倍の望遠レンズも備えています

miniとProで撮影写真を比較

具体的には13シリーズは広角がF値1.6、超広角がF値2.4なのに対して、Proシリーズでは望遠がF値2.8、広角がF値1.5、超広角がF値1.8。いずれのカメラにも「ナイトモード」という、暗いシーンも明るく撮れる撮影機能が備わっていますが、Proシリーズのほうがより多くの光を取り込めます。

またProシリーズにだけ、暗所でも被写体との距離を素早く計測できる「LiDARスキャナ」が搭載されています。このためProシリーズでは、背景をきれいにぼかせる「ポートレートモード」でも、ナイトモード撮影ができるようになっています。以下はminiとProで撮った写真です。違いがわかるでしょうか?

・「ナイトモード」広角
「iPhone 13 mini」のナイトモードで撮影(広角)

「iPhone 13 mini」のナイトモードで撮影(広角)

「iPhone 13 Pro」のナイトモードで撮影(広角)

「iPhone 13 Pro」のナイトモードで撮影(広角)

・「ナイトモード」超広角
「iPhone 13 mini」のナイトモードで撮影(超広角)

「iPhone 13 mini」のナイトモードで撮影(超広角)

「iPhone 13 Pro」のナイトモードで撮影(超広角)

「iPhone 13 Pro」のナイトモードで撮影(超広角)

・「iPhone 13 mini」でズーム撮影
「iPhone 13 mini」で撮影(広角)

「iPhone 13 mini」で撮影(広角)

「iPhone 13 mini」で撮影(デジタル5倍)

「iPhone 13 mini」で撮影(デジタル5倍)

・「iPhone 13 Pro」でズーム撮影
「iPhone 13 Pro」で撮影(広角)

「iPhone 13 Pro」で撮影(広角)

「iPhone 13 Pro」で撮影(光学3倍)

「iPhone 13 Pro」で撮影(光学3倍)

「iPhone 13 Pro」で撮影(デジタル15倍)

「iPhone 13 Pro」で撮影(デジタル15倍)

・マクロ撮影
「iPhone 13 mini」で撮影

「iPhone 13 mini」で撮影

「iPhone 13 Pro」で撮影(マクロ)

「iPhone 13 Pro」で撮影(マクロ)

ProシリーズはこのほかRAWフォーマットでの撮影や、プロクオリティでのビデオ撮影にも対応。さらに被写体に最短2cmまで寄って撮影できるマクロ撮影にも対応しています。被写体にぐっと寄ってもしっかりピントが合い、ディテールまできれいに写しとれるマクロ撮影は、特に花などを撮るときに役立つ機能。「iPhoneで花の写真が撮りたい」と思っている人、望遠での撮影がしたい人、写真や映像には徹底的にこだわりたいという人には、断然Proシリーズをおすすめします。

ちなみに製品発表時に新しい撮影機能として話題を集めた、まるで映画のようなピント送りが自動でできる動画撮影機能の「シネマティックモード」や、自分好みの絵作りを記録し常にその設定で撮影ができる「フォトグラフスタイル」は、13シリーズ、Proシリーズのどちらにも対応。

またいずれの機種も5Gに対応し、国内ではNTTドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの4社のネットワーク(そのMVNOも含む)で利用できます。価格はサイズの小さなminiが最も安価で8万6800円~、13は9万8800円~、Proは12万2800円~、Maxは13万4800円~となっています。13とProの価格差は2万4000円。この価格差とカメラの性能差をどう考えるかが、選ぶ際のポイントになりそうです。


【おすすめ記事】
「Apple Watch Series 7」は買うべきか? 画面領域の拡大、高速充電、防塵対応……専門家がチェック
アップル「AirTag」のすごい機能を解説! 家の中でも外出先でも、なくし物が見つかる
「iPhone 13 Pro」実機レビュー! さすが「上位モデル」といえるカメラ機能やその他の進化ポイント
カメラ機能がすごい! 小型スマホ「iPhone 13 mini」で「シネマティックモード」など3つの撮影機能を試してみた
iPhone 11やiPhone 12大幅値下げの今、本当に買うべき機種は? iPhone 13は誰にとって「買い」なのか

 


■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。