お金のこと、難しいですよね。コロナ禍もあって、ますますお金を貯めたい、家計を守りたい、と思っている人もいるのではないでしょうか。皆さんからのちょっとしたお金の疑問にオールアバウトの専門家が回答するコーナーです。今回は、1000万円貯まった後の預け先について専門家が解説します。専門家に質問したい人は、コメント欄に書き込みをお願いします。
 

Q:1000万円貯まったら、どんな預け先がオススメですか?

「ようやく1000万円貯金ができました。できるだけ安全に運用したいのですが、どんな預け先がありますか?」(45歳・会社員)
 

A:元本を減らしたくないのであれば、定期預金と個人向け国債

まず、元本を減らしたくない、いつでも使えるようにしておきたいということであれば、オススメの預け先は定期預金です。
 
金利はかなり低く資産を増やす力は弱いですが、緊急でお金が入用となった際、解約すればすぐに現金にすることができます。
 
また、定期預金は、預け先の金融機関が破たんしない限り元本を下回ることはありません。仮に預け先の金融機関が破たんしても、元本1000万円までと破綻日までの利息等が保護されます。

次に、定期預金より安全に資産を増やしたいと思うなら、個人向け国債です。
 
個人向け国債は、どんなに低金利の状況でも最低金利(0.05%)と元本も保証されています。途中解約しても元本が戻ってきます。利息は、単利ですが、預金口座に振り込まれる利息を国債に再投資すれば、複利運用と同じ効果が得られます。

個人向け国債の注意点は、購入してから1年間は、原則現金化ができないことです。

さいごに、資産・収入を2倍3倍に増やしたいなら一つ提案したい方法があります。それは1000万円のうち例えば300万円を使って、就業規則を確認した上で許可されているのであれば、勤務したまま副業・起業することです。週末起業でも構いません。

投資と同じように失敗リスクはありますが、自力で何とかできるという点で、他人に任せる投資よりは安全と言えます。

さらにハードルは高くなりますが、会社勤めを続けながらの起業ならば、自分の得意分野・長所が活かせる会社を買うのがオススメです。会社を買うことに関心を持たれたら、各都道府県の事業承継・引継ぎ支援センターや民間のM&A仲介会社(Webサイト)で情報を集めてみることもできますので、一つのアイデアとして参考にしていただければと思います。

※専門家に質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。

【関連記事をチェック!】
金利0.02%……定期預金に預ける意味ってありますか?
コンビニATMから手数料無料で引き出すためには?
退職金がない会社に勤務。老後に向けて今からやっておくべきことは?
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、 アンケートを実施中です!

※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/5/1~2022/5/31まで

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。