パナソニック「強力マルチライト」は、マグカップと同じくらいのコンパクトサイズ

パナソニック「強力マルチライト」は、マグカップと同じくらいのコンパクトサイズ


自粛生活が長引くにつれて、ストレスをいかにして軽減するかが課題となっています。自宅でヨガをしたり、映画を観たりして、気分転換を心がけていますが、やる気が出ないことも……。そんなときは、灯りを工夫してお部屋の雰囲気に変化をつけるようにしています。

わたしが愛用しているのは、パナソニックの「強力マルチライト」。ランタンと懐中電灯が一体化した防災グッズでありながら、生活に馴染むコンパクトなレトロデザインが採用されています。その魅力についてご紹介します。
 

レトロなデザインでも機能は盛り沢山!

パナソニックの創業100周年となる2018年に発売された「強力マルチライト」は、1927年誕生の「角型ランプ」を模したレトロなデザインが特徴です。どこか懐かしい外観ですが、強力ライト用の白色LED1個と、ランタン用の電球色LED2個が搭載されています。

また、さまざまな利用シーンを想定して、持ち手のハンドル位置も変えられるようになっています。
 

リラックス感を醸し出すランタンの光に癒される

ランタンの優しい灯りは、夜のくつろぎの時間にぴったり

ランタンの優しい灯りは、夜のくつろぎの時間にぴったり


普段はハンドルを横に取り付けて、ランタンとして活用しています。ランタンの部分をプッシュすると、オンオフの切り替えができます。夜、お部屋のシーリングライトを消して、ランタンのほのかな光の中で、ヨガをしたり、映画を見たりしています。オレンジ色の光はあたたかみがあり、くつろいだ雰囲気をもたらしてくれます。
 

オンライン会議用のライトとしても活躍!

持ち手のハンドルは2WAY仕様。取り付け金具はカメラネジに対応している

持ち手のハンドルは2WAY仕様。取り付け金具はカメラネジに対応している


ハンドルの取り付け金具は、カメラネジ(1/4-20UNC)に対応しています。カメラの三脚に取り付けて、「強力マルチライト」を撮影用の補助ライトとして活用することもできます。サイドの丸いボタンを押すと、明るさを4~400lm(ルーメン)の6段階で調節することができます。
 
カメラの三脚に取り付けることができる

カメラの三脚に取り付けることができる


オンライン会議などで用いられるリングライトと比べると、「強力マルチライト」単体では明るさは十分でありません。しかし、他のライトと組み合わせて明るさを補ったり、影を消したいときに活用しています。
 

W照射モードがあるので災害時にも役立つ

「W照射モード」のときは、強力ライトで前方を、ランタンで足元を照らす

「W照射モード」のときは、強力ライトで前方を、ランタンで足元を照らす


強力マルチライトは、ランタンと強力ライトを同時に照らす「W照射モード」もあります。「W照射モード」のときはランタンを下に向けて、上部にハンドルを取り付けます。ランタンの柔らかい光が足元を照らし、強力ライトの明るい光が前方の視界を確保するので、災害時やアウトドアにも適しています。
 
明るさは丸いボタン、モードの切り替えは四角いボタン

明るさは丸いボタン、モードの切り替えは四角いボタンで


lm(ルーメン)は、光源から光を放出する量をあらわす単位で、遠くを照らしたいときは200lm以上、足元や手元を確認したいときは100lm以下が目安となります。明るさを調整することで、遠くも近くもよく見えるわけです。

昔ながらの懐中電灯は非常時にしか使わないため、乾電池が液漏れして、いざというときに役に立たないこともありました。「強力マルチライト」は、非常時の備えとなるだけでなく、おうち時間にメリハリをつけてくれる優れものです。ぜひ一家に一台備えておいてはいかがでしょうか。

DATA
パナソニック┃強力マルチライト

 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。