家計に重くのしかかる奨学金返済。昇給分は繰り上げ返済する?

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、毎月手取り給与の2割を超える奨学金を返済している33歳の会社員女性。5万円の昇給が決まりましたが、これを繰り上げ返済に充てるべきか、それとも投資で増やすべきか……。迷える女性の味方、ファイナンシャル・プランナーの豊田眞弓さんがアドバイスします。
 
毎月手取り給与の2割を超える奨学金を返済しています

毎月手取り給与の2割を超える奨学金を返済しています


■相談者
ぱぴこんさん(仮名)
女性/会社員/33歳
関東/賃貸住宅
 
■家族構成
一人暮らし
 
■相談内容(原文ママ)  
額面で5万円の昇給が決まりましたがそれをどう使うべきか悩んでいます。大学を卒業して5年間教育関係の仕事についていましたが、精神面の調子を崩したので事務職に転職しました。手取り13万円という非常に低収入ではありますが、一人暮らしを送れており、少額ではありますが貯金もでき、半年分の生活費は貯めることができました。
 
奨学金を毎月2万7000円返済しておりこれがずっと悩みです。定期昇給のない会社ですが、このたび額面で5万円の昇給が決まりました。悩んでいるのはこの昇給分を貯蓄、投資、奨学金の繰り上げ返済のどれに充てるべきかです。調べたところおそらく17万円と少しが手取りになるかと思います。
 
有利子の奨学金(日本学生支援機構の第二種奨学金)の返済に充てて少しでも早く返済を終えたいのが本音ですが、月の貯金額を増やして貯蓄のペースを上げるべき(生活防衛費として年収分くらいは貯めておいたほうが)か、投資に回すべきか、迷っています。つみたてNISAの口座は作りましたがまだ投資は始めていません。

昇給が決まる前は、月の貯蓄1万円のうち、5000円ほどを投資に回そうかと考えていたのですが、この額を上げて時間をかけてお金を増やしていったほうがいいでしょうか。
 
投資のリスクは承知ですがこの先もひとりで生きていくにはやはり先立つものが必要なので、ある程度のリスクを取ってでも財産は増やしたいです。奨学金の返済を終えた40代からでも老後の生活費の用意が間に合うのかも不安です。
 
結婚の予定はなく、転職もまだしばらくは様子見、いまの職場は退職金はなく、今後の定期昇給は未定です。
 
趣味は自宅でのネットサーフィンなので光回線を引いています。できれば通信費は削りたくありません。親との折り合いが非常に悪く、頼れる実家ではないので保険は心の安定のために加入していますが、月額が高いので見直そうか検討中です。
 
■家計収支データ
相談者「ぱぴこん」さんの家計収支データ

相談者「ぱぴこん」さんの家計収支データ


■家計収支データ補足
(1)昇給について
現在の手取り13万円が、17万円ほどになる予定。ボーナスは不明だが、上昇しない前提でマネープランを立てたい。
 
(2)奨学金について
毎月2万7000円の返済、ぱぴこんさんが45歳の時点で完済する。二種(有利子で金利は1.187%)。残額345万円。
 
(3)定年について
退職金制度はなし。一族経営であり、事務職で定年まで勤めた人がいないため不明。おそらく60歳定年。延長や再雇用は不明。60歳退職でマネープランを立てたい。
 
(4)定年後ついて・続き 体調面で不安なこと
あまり体調は良くないものの日常生活に支障はない。歳を重ねたときの懸念はあるが、できる限り働くつもり。
 
(5)保険料7000円の内訳について
生命保険(45歳で更新予定)に加入している。死亡保障500万円(65歳まで)、要介護一時金400万円(65歳まで)、三大成人病100万円(80歳まで)、がん診断給付金110万円(80歳まで)、入院保障一時金4万5000円、入院保障1日5000円等あり。

保険会社の担当者に言われるまま契約したのでよくわからない。喘息があり、他にも病気があるため、安心のために加入した。
 
(6)支出について
2年に一度、火災保険更新2万円前後。1年に一度、賃貸の更新1万円
雑費は日用品(シャンプーや化粧品、ペットの餌代)
趣味娯楽 読書が趣味なので本や雑誌の購入。服飾費。
 
(7)相続について
母子家庭で、母親は遠くの借家に住んでおり、相続する資産は一切ない。万が一あったとしても、兄弟(母の面倒を見てくれているので)に譲る予定。親が介護状態になったとしても、直接支援をする予定はない。父親とは一切連絡を取っていないため所在も不明。
 
 
■FP豊田眞弓の3つのアドバイス
アドバイス1 昇給分は繰り上げ返済と貯蓄、つみたてNISA、自己投資に
アドバイス2 今加入している保険が妥当かを考える
アドバイス3 このままの生活サイズで資産形成も行えば、老後は心配なさそう
 

アドバイス1 昇給分は繰り上げ返済と貯蓄、つみたてNISA、自己投資に

ぱぴこんさんは、現在貯蓄が100万円ありますから、予備費としては十分です。一般的に目安とされている生活費の6カ月分を超えています。ただ、今はコロナ禍ですので、今までよりもマネープランを慎重に考える必要があります。もう少し貯蓄を増やしていくことも大事かと思います。
 
月に5万円貯められるとして、まずはそのうち2万円を奨学金の繰り上げ返済に充てます。手続きの手間を考えると、毎月2万円ずつ貯めたお金で、年1回、9カ月分(24万3000円)を繰り上げ返済する形がよいでしょう。概算になりますが、年24万3000円の繰り上げ返済を続けると、5年近く期間短縮になります。ぱぴこんさんが40歳の時に完済できる予定です。
 
次に、1万5000円を預貯金にまわし貯金を増やしていきましょう。投資にも興味があるということなので、残りの1万円程度でつみたてNISAを始めてみるのもありかと思います。iDeCoという選択肢もありますが、まだ33歳とお若く、これから結婚や出産などライフプランの変化が起きる可能性を考えると、老後まで引き出せないiDeCoよりも、流動性が高いつみたてNISAがおすすめです。
 
残りの5000円は自己投資に使ってほしいです。雇用保険に加入していれば、教育訓練給付が使えます。対象の講座を終了すれば、受講費用の20~50%の給付金がもらえる制度です。スキルアップしてさらなる給料アップや転職、副業(就業規則で認められていれば可能)も狙っていきましょう。
 
年金については標準報酬月額がわからないので正確には計算できませんが、今回の昇級後の給料(約230万円)をベースに40年間加入したとして、毎月11万円弱の受取額になります。給料が低いということは、年金の受取額も低くなってしまうので、将来的に給料を上げていくチャレンジもしてほしいと思います。
 
ライフプランが固まってきたら、40歳で完済した繰り上げ返済の積立分でiDeCoを始めるとよいでしょう。会社員なら、職場の年金制度などにより毎月1万2000円、2万円、2万3000円のいずれかの上限額まで積み立てられます。
 
33歳から毎月1万円の積立を仮に3%で運用したとして、つみたてNISAだけで、60歳時に約500万円が貯まります。さらに40歳の奨学金完済後からiDeCoを月2万円で始めれば、約20年間、仮に3%で運用できたとして、約650万円がこれにプラスされます。ただし、利回りは確実なものではありません、投資にはリスクもあり、減る場合もあることは覚えておいてください。
 

アドバイス2 今加入している保険が妥当かを考える

すすめられるままに加入したという保険についてですが、要介護一時金と死亡保険金が65歳までで保障が切れてしまうのは問題だと思います。65歳以降に保障が続かなければ意味がありません。
 
喘息の持病をお持ちとのことで、新しい保険に加入するのは難しいかもしれませんから、今の保険を大事にしつつ、不要な特約等は減らすことも考えましょう。65歳までの介護一時金は中途半端ですし、お金を残す必要のある家族がいないなら、死亡保障も減らせます。万が一の時のお葬式代は貯蓄の100万円で賄えますから、予備費として死亡保障を100万円くらいに減額して、その分を貯蓄にまわしてはいかがでしょう。
 
もし一生涯の医療費が心配で、何か保険に入りたいようであれば、引き受け基準緩和型の終身医療保険もありますが、保険料が上がりますので、今後の家計状況次第で検討してみましょう。保険に頼りすぎず、医療費用貯蓄として200万円程度を目標に貯めるのもいいでしょう。
 

アドバイス3 このままの生活サイズで資産形成も行えば、老後は心配なさそう 

家計収支データを拝見する限り、資金的には問題はありません。今のペースで貯蓄して、今のペースで支出を続けていくなら大丈夫です。昇給分から毎月4万~5万円の貯蓄を続けていけば、65歳時点で、元本だけでも老後資金は1500万~1600万円になります。年金は少ないですが、できるだけ長く働き、生活費を抑えて暮らせば、やっていけることでしょう。
 
以上はずっとシングルだった場合のマネープランです。繰り返しになりますが、収入も支出も控えめの低位安定なので、老後資金の心配はありませんが、できれば自己投資をして収入アップやダブルワークなどを考えてほしいです。現代の女性は100歳まで生きると思ってマネープランを立てる必要があります。在宅でネットを使った副業(就業規則で認められていれば可能)など、できることから始めて、収入がまた増えたら積立額を増やしていきましょう。
 
これからの長い人生、楽しみも必要です。毎月5000円は自己投資のほか楽しみのために使うのもありです。余計なお世話ですが、新しい楽しみや趣味を見つけられるよう、ぜひ一歩を踏み出してほしいと思います。
 

相談者「ぱぴこん」さんから寄せられた感想

一番気にかかっていた奨学金を繰り上げ返済していいとアドバイスいただき、安心しました。アドバイスの通り月2万円を繰り上げ返済していこうと思います。早く返済が終わったら、その分をiDeCoに回すというのは思いつかなかったので、それを目標にします。少しずつコツコツ返済していきます。保険は見直したほうがいいとのことで、必要なものを考えて見直したいと思います。【女性は100歳まで生きると思ってマネープランを立てる】というお言葉にハッとしました。豊田眞弓先生が親身に寄り添い、少しでも収入増を、と心配してくださっているのがとても胸に沁みました。自己投資しつつ、少しでも健康に、楽しく、人生を歩めるようにがんばります。


※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください。(相談はすべて無料になります)

★マネープランクリニック編集部では貯蓄達人からのメッセージを募集中です★



教えてくれたのは……
豊田 眞弓さん
 
 

 


All About教育費・奨学金ガイド。FPラウンジ代表、大学・短大で非常勤講師を務める。子どもマネー総合研究会代表。1994年より、FPとして家計や保険、住宅ローン等の相談業務に従事しながら、講演や企業研修、記事の監修、コラム執筆などで活動。『親の入院・介護が必要になるとき いちばん最初に読む本』『赤ちゃんができたら知っておきたい 教育資金の本』『他人には聞けない 夫が亡くなったときに読む本』など、著書多数


取材・文/長島美樹


【関連記事をチェック!】
31歳派遣社員、貯金40万円。奨学金の全額返還も見えてきました。今後の資金管理は……
39歳貯金370万円。このまま独身で生きる将来を考え、貯蓄が少なく老後の生活が不安
31歳貯金500万円。1日に使える食費500円は、さすがにわびしいです
36歳独身サラリーマン。貯蓄が330万円と少なく、老後が不安です
 

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/10/1~2021/10/31まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。