いざというときに備えて貯金や保険も入る必要があると思います

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回のご相談者は、浪費癖からカードローンを借り入れてしまい、本格的に返済を始めたものの、今後が不安だという30歳の会社員女性です。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。

 
浪費癖から多額の借金を借り入れてしまいました

浪費癖から多額の借金を借り入れてしまいました(画像はイメージです)



■相談者
麻婆豆腐さん
女性/会社員/30歳
東京都/借家
 
■家族構成
シングル・ひとり暮らし
 
■相談内容(原文ママ)
昨年より本格的に返済を開始しましたが、現時点でカードローン180万円を借り入れしています。借り入れ用途はさまざまで、主に飲み会やショッピング、旅行などの無駄遣いの積み重ねが莫大な金額になってしまいました。昨年より生活を大きく見直し、月々10万円ほど返済しています。リボ払いから銀行カードローンへ借り換えも行いました。いざというときに備えて貯金や保険も入る必要があると思いますが、返済でなかなか難しい状態です。自業自得とはいえ、将来の結婚や子育て、老後のことが不安でたまりません。ボーナスと月々の返済で年内に完済を目指していますが、返済後また浪費家の生活に戻ってしまうことも不安です。浪費癖を直すコツがあれば教えてください。また返済後、現在と同じような生活を続けることができれば、将来へ向けた蓄えは十分に行えるでしょうか。
 
■家計収支データ
相談者「麻婆豆腐」さんの家計収支データ

相談者「麻婆豆腐」さんの家計収支データ



 
■家計収支データ補足
(1)カードローンについて
毎月10万円の返済のほか、ボーナスからは約10万円追加で返済予定(6・12月の2回)。返済以外には、別途ボーナスから10万円貯蓄予定です。カードローンは前職時代に借りたもので、1年半ほど前に転職してから、返済を進めています。
 
(2)投資について
すべて確定拠出金です。月2万8000円を給与から積み立てています(毎月の貯蓄額とは別)。カードローンの返済が完了したら、積立金額を増額予定です。少なくとも直近2、3年は結婚・出産の予定はありませんので、独身期間の理想的な確定拠出金額や、投資金額も教えていただければ幸いです。
 
(3)住居費について
毎月11万円の住居費は、管理費込みです。直近では住み替えの予定はありませんが、カードローン返済が完了し、敷金・礼金が貯蓄できた段階で郊外・地方への引っ越しも検討しています(在宅勤務のため)。
 
(4)趣味娯楽費について
友人との外食費がほとんどです。
 
(5)毎月の貯蓄について
毎月5万円の貯蓄は、給与天引きの財形貯蓄を利用し始めました。年末までの貯蓄分をカードローンの返済に回す予定です。
 
■FP深野康彦の3つのアドバイス
アドバイス1 ローン返済は来年完済。貯蓄は残しておくこと
アドバイス2 2年後から給与天引きの貯蓄で借金体質から貯蓄体質に
アドバイス3 4年後には800万円以上の貯蓄に。浪費家からの脱出を
 
アドバイスの詳細はこちら>>