老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に回答します。今回は、ずっと自営業者をしてきた人が75歳から年金を受給したら、月いくらの年金がもらえるのかについてです。
 

Q:自営業者で年金が少ないので75歳から受け取る予定。いくら年金は増えますか

「私はずっとアルバイトやフリーランスで働いてきており、会社員だったことはありません。自営業は年金が少ないのですが、繰下げ受給すると多く年金を受け取れると聞きました。たとえば75歳から受け取った場合、私は年金を月にいくら受け取れるのでしょうか? 国民年金は毎月支払ってきたと思います」(60歳・東京都)
75歳まで年金を繰り下げたら、いくらもらえる?

75歳まで年金を繰り下げたら、いくらもらえる?

 

A:増額後の年金額は、年143万6856円です

会社員だったことはないとのことですので、国民年金(老齢基礎年金)のみ、65歳から満額(年額78万900円/月額6万5075円・令和3年度)受給できる前提でお答えします。

現在の老齢基礎年金の繰下げ受給(昭和16年4月2日以後に生まれた方)は、70歳まで可能となっていますが、令和4年4月以降に繰下げ受給の請求をする場合(昭和27年4月2日以降に生まれた方)は、最大75歳まで延長されますので、相談者が65歳になる時には75歳まで延長可能となります。

繰り下げた場合の増減率は、以下の計算式を使って計算します。

増額率=(65歳に達した月から繰下げ申出月の前月までの月数)×0.007
※月単位で年金額の増額が行われることになり、その増額率は一生変わりません。

つまり、1カ月繰り延べることにより、0.7%ずつ増額されることになりますので、75歳までの場合は、0.7%×120カ月(10年×12カ月)=84%の増額になります。 増額後の年金額は143万6856円、月額では11万9738円ということになります。

注意点としては、原則として、障害年金など他の公的年金(老齢厚生年金を除く)を受け取る権利がある場合は、繰下げ受給ができない点です。
 
年金を受給するには、請求をしなければなりませんが、66歳になるまで年金を請求しない場合には、「繰下げによる増額請求」または「増額のない年金をさかのぼって受給」のどちらか一方を選択できることになります。
 
いずれにしても、原則どおり65歳から受給するのか、繰上げ、繰下げを行うのか、については、将来の資金計画を立てたうえで、慎重に判断することをおすすめいたします。

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。