ベタつく肌や髪を快適にする「ひんやりコスメ」とは?

暑くなってくると、スキンケアやメイクがちょっぴり億劫になるのは私だけでないはず。汗や皮脂によるメイク崩れも気になるし……。できれば、テカリの気にならない涼しげな肌を演出してみたいものです。

個人的に、昨年の夏大活躍したのが、ひんやりコスメ。冷感効果で肌をキュッと引き締めてメイクのノリもアップ! 気分もスッキリするので、今年も色々と試してみようと思っているところ。
そこで、今回は夏のマストアイテム、最新ひんやりコスメをご紹介します。
 

1:シュワシュワ弾ける炭酸ローションで肌も気持ちも引き締める

t

ワンダーハニー クールクールスパークリングスムーサー シトラスソルベ 100g(税込1540円)

冷たい炭酸が気持ちいい万能ふき取りローションは、コットンにとり馴染ませると、肌の上でシュワッと弾ける氷点下の使用感。これはやみつきになること間違いなしです。さっと拭き取れば、古い角質もオフ。

化粧水の代わりはもちろん、化粧水の前やメイク前など使い方も色々ですが、個人的には、メイク前の使用がオススメ。保湿効果もあるのでメイクのノリもアップ、かつ、毛穴までキュッと引き締めてくれる感じがしてメイク持ちもよくなります。
 

2:冷やす?凍らせる? 夏のマストアイテム、クラブのひんやりコスメ

J

左:クラブ エアリータッチ UVエッセンスベース クリアブルー 30g(税込1320円) 右:クラブ フローズンジェリーエッセンス 160g(税込1320円) 

左のUVエッセンスベース クリアブルーは、暑い夏にぴったりのすーっとひんやりした使用感。クリアブルー色のクリームがマスクへの付着を目立たなくして、肌にピタッと密着しムラなく肌色を均一に整えます。美容液成分82%(水を含む)配合で、透明感あふれる肌に。

右のフローズンジェリーエッセンスは、凍らせても、冷やしても、そのままでも使える美容液。
凍らせてシャーベットのようにすれば、寝ぼけた肌をキュッと引き締めて目覚めさせてくれます。冷蔵庫で冷やした心地よいひんやりジェルは、エアコンなどで乾いたインナードライ肌の保湿に最適。化粧水の後に常温のとろりとしたジェルでお手入れ完了すれば、時短にもなるので忙しい女性にぴったりです。 
 

3:朝シャン代わりに頭皮に揉み込めば乾燥もニオイも気にならない

k

クーリスト アサニシャン(税込1320円)

頭皮に揉みこむだけでー5℃冷感(※体感温度2020年1月自社調べ、メントールによる)ドライシャンプー。朝シャン替わりに頭皮に直接塗布すると、まるで水を浴びたような気持ちよさを感じられます。全体にしっかり揉み込むことで、ベタつきがちな頭皮や髪の毛をドライヤーでブロウしたてのようにふんわりさせてくれる効果も。

また、紫外線によって乾燥しがちな頭皮を保湿し、アクアシャンプーの香りで気になるニオイのケアもできます。寝汗でベタついた時だけでなく、ジムで汗をかいた後にも最適。
 

4:【番外編】ありそうでなかった! 「風」の出るひんやりミラー

z

フェスティノ エアリーメイク ファンミラー(税込4400円)※右がライト点灯時

こちらはコスメではありませんが、ひんやり感抜群のアイテム。なんと、スイッチオンで、ミラーの周りから優しい風が出る! ありそうでなかったひんやりミラーです。爽やかな風は、汗ばむ季節のメイクを快適にしてくれるし、リキッドアイラインを乾かすのにも本当に便利。さらに、LEDライトや5倍拡大鏡など6つの便利な機能を搭載しているので、夏だけでなく1年中大活躍。コードレスで、移動が楽々なのも高ポイントです。
 
暑くなるとメイク自体が面倒になってきますが、ひんやりコスメで肌も心もスッキリさせれば、1日がハッピーに過ごせること間違いなし。お気に入りのアイテムを見つけて、毎朝の楽しみにしてみてはいかがでしょうか。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。