All Aboutマネーチャンネルで公開している家計簿・家計管理ガイドの山口京子さんと、元プロ棋士で個人投資家の桐谷広人さんとの特別対談「コロナ禍のステイホームで買いたい優待銘柄」から、桐谷さんのこれからの資産や優待株で楽しく生きる老後についてお届けします!

桐谷広人:1949年広島県出身、将棋棋士・投資家。日本テレビ系のバラエティ番組『月曜から夜ふかし』で現金を使わず、株主優待のみで生活をする姿が話題になった。現在はテレビ、雑誌、書籍などで幅広く活躍。『桐谷さんの株主優待のススメ』など著書多数。

山口京子:1966年名古屋出身、ファイナンシャルプランナー。All About家計簿・家計管理ガイド。大学在学中からテレビ・ラジオに出演。卒業後はフリーアナウンサーに。お金好きが高じてファイナンシャルプランナーの資格取得。テレビ、ラジオ、セミナーで活動中。『なまけものが得をする ワンコインつみたて投資術』など著書多数。
 

ステイホームにおすすめの優待銘柄は?

山口:桐谷さん、ステイホームで今おすすめの何か優待があれば教えてください。

桐谷:ステイホームと言うとね、カタログなんかをいただくといいですね。千趣会<8165>というのがありまして。

山口:通販の会社ですね。

桐谷:あと、スクロール<8005>という会社もそうですね。通販の会社です。

千趣会<8165>というのは、今(2021年4月収録時)、380円ぐらいなんですけども、これを100株持っていると、戦利品(お買い物券1000円分)が年2回届きます。

つまり、利回りが4%以上ありますしね。そして、1年以上持っていると、9月の権利のほうが1500円になるんです。2年以上持っていると2000円になって、3年以上持っていると2500円に。そうすると、年間3500円分の優待券が来ることになります。これはかなり利回りが高いですね。スクロール<8005>もけっこう利回りが高いので、そういった通販の会社の株主になって、優待をもらって何かを選ぶと良いでしょう。
 

プレミアム優待倶楽部もおすすめ

桐谷:最近はプレミアム優待倶楽部というのがありまして、これは優待の代行をするような会社です。今50社ぐらいが加盟しています。プレミアム優待倶楽部のある優待をやっていると、ネットから優待品を選ぶことができます。

オールアバウト<2454>もプレミアム優待倶楽部に今入っていますね。ただ、オールアバウト<2454>の場合は300株ないと、プレミアム優待倶楽部のポイントがもらえません。25万ぐらい投資して、プレミアム優待倶楽部の優待品がもらえるという状況ですね。

調べたところ、プレミアム優待倶楽部だと、タメニー<6181>という会社が1株164円(2021年4月収録時)で、1,000株持っていると、9,000ポイントのプレミアム優待倶楽部のポイントをくれるんですね。

そうすると、配当は今0円なんですが、株主優待で利回りが5.49%なります。プレミアム優待倶楽部では1番利回りが高いぐらいですね。

山口:証券コードは<6181>ですね。

桐谷:プレミアム優待倶楽部のポイントをもらうとインターネットから選べる商品は2000種類ぐらいあるんですね。いろいろなものが貰えるのでおすすめです。

あと、プロパティエージェント<3464>もおすすめかなと思ったんですけども、これが数か月前の値段が倍ぐらいになっているんですね。値段が倍になると、ちょっと前までは5%ぐらい利回りがあったのが、今は2.5%ぐらいになっているから、今はおすすめできませんね。

このように、株価というのは常に変わっていきます。ですから株価が安くなったときは利回りが高くなるので、安くなったときを見つければ、そこで買うのが良いですね。

山口:では、巣ごもり銘柄は千趣会<8165>、スクロール<8005>、そしてタメニー<6181>の3銘柄。ぜひチェックしてみてください。

今回の内容を含めた全編は桐谷さんと山口さんの対談の模様はこちらからご覧いただけます!


チャンネル登録と高評価を是非お願いします。

5月7日(金)20時より桐谷さんと山口さんのスペシャル対談をライブ配信!
桐谷さんがあなたの質問に答えます。
桐谷さんに質問をする


※記事の情報は取材日(2021年4月6日)時点の情報になります
※記事の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性、利用者にとっての有用性を保証するものではありません。当社及び関係者は一切の責任を負わないものとします。投資判断はご自身の責任でお願いします

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。