見直されている肌色の表記 

2021年3月、コンビニエンスストアのファミリーマートは、プライベートブランドの女性用下着から、「はだいろ」を記した商品を回収したことがニュースとなりました。この件に限らず、商品の色名に、「肌色」という表記を差し控える企業が増えています。

今回は、オールアバウトが実施したアンケート調査をもとに、科学と歴史の観点から、肌色を掘り下げてみましょう。
 

肌色の調査結果

今回は以下の3つの設問について調査しました。
・次のうち、どれが「肌色」だと思いますか?
・「肌色」という表記がなくなったことを知っていますか?
・「うすだいだい」という表記はわかりやすいですか?

調査結果はこちらです。
Q.「肌色」はどれだと思いますか?

②が50.4%、①が45.8%という結果に。


「肌色」だと思う色は、②が50.4%、①が45.8%という結果になりました。
肌色に関するアンケート結果

58.6%が「知っている」という結果に。


「肌色」という表記がなくなったことを、58.6%がご存知ですが、24歳以下は29.0%にとどまっています。
「肌色」に関するアンケート結果

68.6%が「わかりづらい」という結果に。

 
「肌色」に関するアンケート結果

65.2%が「感じない」という結果に。


「うすだいだい」などの表記については、68.6%が「わかりづらい」と回答しており、「肌色」という表記については、16.8%が差別意識を「感じる」、17.2%が「わからない」と回答しています。
 

肌色の表記をめぐって

文房具メーカー各社は、2000年前後に「肌色」の表記を「うすだいだい」や「ペールオレンジ」に変更しました。こうした判断の背景には、サプライチェーンがグローバル化していることがあげられます。日本の企業とはいえ、顧客、従業員、株主、取引先などには、さまざまな肌の色の人がいらっしゃいます。国際的な感覚を尊重し、表記を改めたわけです。

その一方で、「うすだいだい」「ペールオレンジ」は、わかりづらいと感じる人が多いようです。これらの色名は、系統色名と呼ばれます。形容詞(薄い、pale)と基本色名(だいだい、orange)の組み合わせなので、明るい青、濃い緑などと、形式的には同じです。しかし、「肌色」「瑠璃色」「オリーブ」などの慣用色名と比べると、親しみやすさや情緒に欠けるところがあります。
 

肌色をめぐる科学と文化 

肌色のバリエーション

JIS規格「物体色の色名」に登録されている「肌色」は1

日本人の肌に近いのは3、4、5ですが、JIS規格「物体色の色名」に登録された「肌色」は1です。人間の脳は実際の色よりも明るく鮮やかな色を記憶するため、日本画、人形、アニメのキャラクターなどには、1のような色が使われています。

ただ、「肌色」という色名が使われるようになったのは、明治以降といわれます。それ以前は、「穴色(ししいろ)」「肉色(にくいろ)」「人色(ひといろ)」などが用いられていました。

2は白人の肌をイメージした色で、肉を意味する「Flesh(フレッシュ)」という色名が使われていましたが、米国などでは、1960年代頃から「Peach(ピーチ)」という表記に改められています。

本アンケートの「この色に自由に名前をつけるとしたらどのような名前にしますか」という質問には、「きなこ色」「春霞」「和肌色」など、さまざまな回答をお寄せいただきました。

近い将来、「肌色」にとってかわる新しい色名が登場し、広く使われるようになるかもしれませんね。
 

世界的な課題となっている人種問題

昨今、中国におけるウイグル族の人権問題をめぐって、世界中の企業や国が難しい判断を迫られています。人権問題はビジネスや政治と深く結びつき、反発や対立を招く原因となっています。世界中のより多くの人々と友好的な関係を築いていくために、人権問題はないがしろにできない課題となっています。日本の企業が「肌色」という表記を差し控えるのは、無用なトラブルを避ける賢明な判断といえるのではないでしょうか。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。