コロナ禍では、収入が激減してしまったり、家計状況が悪化してしまうことはいつ起こってもおかしくありません。そうなった場合にまず見直してほしいのが、月々の通信費。お店で言われたプランに入ったままだと、割高な金額を払ってしまっているケースも多いです。

 
節約したい人はスマホプランの見直しを!

節約したい人はスマホプランの見直しを!


また、最近、大手キャリアからも新料金プランが続々発表されています。そこで今回は、通信費の見直し方についてご紹介します。自分の使い方にぴったりのプランを選べば、大幅な節約も可能です。ぜひ参考にしてみてください。
 

楽天モバイルならゼロ円も可能に

楽天モバイルの「UN-LIMIT VI(ラクテンアンリミットシックス)」を選べば、月1GBまで月額基本料金0円で使用できます。毎月使ったデータ分だけ支払うプランになっており、1GB~3GBは1078円(税込)、3GB~20GBは2178円(税込)、20GB超過後はどれだけ使っても3278円(税込)です。専用アプリの利用で、国内通話の通話料も無料でかけ放題です(一部の電話番号を除く)。家ではWi-Fiを使って接続し、外出先ではブラウザやメール利用のみで動画を見ないようにすれば、月々の通信費が0円も可能です!
 

IIJmioなら月額1000円程のプランも!

楽天モバイルの「UN-LIMIT VI(ラクテンアンリミットシックス)」はとても魅力的なのですが、毎月使ったデータ分だけ支払うプランなので、使いすぎると月々の通信費が高くなってしまう可能性があります。自分で制御しながら予算内で使えるといいのですが、子どもに持たせたりする場合には使いすぎてしまうことも考えられます。ついつい使いすぎてしまいそうな方には、月額基本料金が固定のIIJmio(アイ・アイ・ジェイ・ミオ)の格安SIMをおすすめします。IIJmioのギガプランは、2GBで月々858円(税込)、4GBで1078円(税込)とひと月1000円程に通信費を抑えることができます。ギガを使い切ってしまえば、月の途中で速度制限がかかってしまいますが、料金がどんどん上がっていくことはありません。
 

データ通信専用SIMはさらに格安!

また、音声通話のオプションをつけなければ、さらに安く使用できます。IIJmioのSMS機能付きSIMのプランでみると、2GBで月々825円(税込)、4GBで1045円(税込)と通話ができない分安くなります。eSIM対応機種であれば、2GBで月々440円(税込)、4GBで660円(税込)とさらに安くなります。音声通話のオプションをつけなくても、LINEなどの無料通話アプリを利用すれば通話は可能です。電話番号が必要ない方には、このプランもいいのではないでしょうか?

節約には通信費の見直しが欠かせません。数年前にベストと思って契約したプランでも、見直してみたらもっと安いプランがでているかもしれません。NTTドコモやau、ソフトバンクなどの三大キャリアも新料金プランを発表していて、今までよりかなり安いプランが登場しています。これを機に見直してみてはいかがでしょうか?

【関連記事をチェック!】
月に数万円の節約に!我が家で実践している教育費を安くする方法
【カルディ】のリピ買いしたくなる!オススメの食品3つ


■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。