「大掃除は年末にするもの」の常識を疑おう

大掃除といえば、ほとんどの人が12月の年末にするもの!と思い込んでいるのではないでしょうか? でもその常識をちょっと疑ってみてください。

寒い中、部屋の中を掃除する際、ホコリがたつからと暖房などを消して換気のために窓を開け放ってやると、寒くて体が縮こまり動きが悪くなりますし、寒いからとついつい手を抜いてしまいがち。結局、掃除をしているのに、ちゃんときれいにできないまま終わらせてしまうなんてことも、きっと多くの人が経験済みなはず。

しかも、年末というのは大掃除以外にもやらなければいけないことが盛りだくさん。年始を迎えるための準備、そのための買い物をしたり、おせち料理を作ったり、年賀状を書いたり、お年玉の準備をしたり……。そんな年末の短い休みの中、慌ただしく寒い中で大掃除をする意味ってありますか?

たしかにお正月をきれいな環境で迎えることは重要です。が、それまでに寒い中で無理して体調を崩してしまったら意味がありませんし、そこはひとまずある程度見た目にきれいにするだけでOK。散らかっているところだけきれいにしたら、細かな汚れなどはひとまず春まで放置してみませんか?
寒い冬に無理をせず、大掃除は春にしてみては?

寒い冬に無理をせず、大掃除は春にしてみては?

 

春こそ大掃除をするべき理由

実はこれには大きな意味があります。春はだんだんと暖かくなってきます。昼間は暖房などを使わない時間も多くなり、体の動きもよくなってきて、家の中を換気を十分にしても辛くないですし、ベランダに出て窓の外を拭くといった掃除も春の日差しなどが暖かいと、それほど苦ではなくなります。

そして季節的なことだけではなく、春というのはちょうど年度末であり、新生活を迎える季節。生活が変わるということは、それまでの持ち物を捨てて、多くの人が心機一転、いろいろ新しいものに入れ替えたりするはず。だったら、その時期に大掃除を一緒にするほうが効率的だと思うんです。冬物のコートをクリーニングに出したり、衣替えも一緒にやってしまいましょう。

このやり方は実は欧米では常識で、春の大掃除のことを“スプリング・クリーニング”と呼んでいます。欧米では暖炉やストーブを使うことで、冬の間にススや灰などの汚れがどうしても溜まってしまいます。だからこそ、それらを使わなくなる季節にスプリング・クリーニングが広まったのは当然のこと。

でも、日本でも同じことがいえませんか? 春はエアコンやストーブ、加湿器など、冬の間に活躍した季節家電がお休みをする時季。また次の季節に活躍してもらうまで、しっかりと掃除をしておくことや、きれいにメンテナンスした状態で閉まっておくことは大切なのです。さらに冬に家の中に溜まっていた湿気やそれらを含んだホコリなどを一掃することで、梅雨時などに生えるカビの繁殖を抑えることにも役立ちます。
春は冬の間に活躍した季節家電がお休みをする季節

春は冬の間に活躍した季節家電がお休みをする季節

 

春に大掃除をする5つのメリット

というわけで、春の大掃除には、以下のような5つのメリットがあると考えられます。

(1)暖かくなってきて掃除をするのが苦にならない
(2)衣替えの季節に洗濯物の乾きも良い
(3)新生活への断捨離ついでに掃除ができる
(4)閉め切った冬に溜まりがちなホコリや湿気をきれいにできる
(5)湿気やホコリを一掃することで梅雨時や真夏のカビ対策にもなる

この辺りのメリットを念頭に入れた上で、効率良く春の大掃除をするためには必要な掃除用家電を揃えることも大事なこと。最後にそんなオススメの家電を紹介しておきます。
 

春の大掃除におすすめの家電

・ケルヒャー 窓用バキュームクリーナー WV 1 プレミアム LR
ケルヒャー 窓用バキュームクリーナー WV 1 プレミアム LR(画像はケルヒャーのオンラインショップより)

ケルヒャー 窓用バキュームクリーナー WV 1 プレミアム LR(画像はケルヒャーのオンラインショップより)

ケルヒャー オンラインショップ

・ケルヒャー スチームクリーナー SC 3 EasyFix
ケルヒャー スチームクリーナー SC 3 EasyFix(画像はケルヒャーのオンラインショップより)

ケルヒャー スチームクリーナー SC 3 EasyFix(画像はケルヒャーのオンラインショップより)

ケルヒャー オンラインショップ

・SteamGo Light'n'Easy スチームクリーナー モップタイプ スティック S5 LE-ST-05
スチームゴー モップタイプ S5(画像はプレスリリースより)

スチームゴー モップタイプ S5(画像はプレスリリースより)
 

SteamGo(スチームゴー)公式サイト

・Shark EVOPOWER SYSTEM コードレススティッククリーナー FLEXモデル CS501J
Shark EVOPOWER SYSTEM コードレススティッククリーナー FLEXモデル CS501J(画像はプレスリリースより)

Shark EVOPOWER SYSTEM コードレススティッククリーナー FLEXモデル CS501J(画像はプレスリリースより)

Shark公式オンラインストア

・パナソニック コードレススティック掃除機「パワーコードレス」MC-SB51J/MC-SB31J
パナソニック コードレススティック掃除機「パワーコードレス」MC-SB51J/MC-SB31J(画像はプレスリリースより)

パナソニック コードレススティック掃除機「パワーコードレス」MC-SB51J/MC-SB31J(画像はプレスリリースより)

パナソニック 公式ページ

・アイリスオーヤマ ベルソス 充電式バスポリッシャー IS-BP4
アイリスオーヤマ ベルソス 充電式バスポリッシャー IS-BP4(画像は公式通販サイトより)

アイリスオーヤマ ベルソス 充電式バスポリッシャー IS-BP4(画像は公式通販サイトより)

アイリスプラザ(アイリスオーヤマ公式通販サイト)

・ブラック・アンド・デッカー シャボンスクラバーPro BHPC110
ブラック・アンド・デッカー シャボンスクラバーPro BHPC110(画像は公式サイトより)

ブラック・アンド・デッカー シャボンスクラバーPro BHPC110(画像は公式サイトより)

ブラック・アンド・デッカー公式サイト

・ブラック・アンド・デッカー ハンディスチームクリーナー スチーミット FSH10SM
ブラック・アンド・デッカー ハンディスチームクリーナー スチーミット FSH10SM(画像は公式サイトより)

ブラック・アンド・デッカー ハンディスチームクリーナー スチーミット FSH10SM(画像は公式サイトより)

ブラック・アンド・デッカー公式サイト

【おすすめ記事】
キッチン家電は黒とシルバーで統一! パリの街並みを参考にコーディネートした理由とは?
花粉症対策にも! 北欧デザインがおしゃれな空気清浄機「Blue 3000シリーズ」をおすすめする理由
家電のプロが厳選! 2021年に注目のデジタル家電5選
滝田勝紀が選ぶ「家電アワード2020」

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。