「コロナ禍で困窮している飲食店や生産者の方々を救いたい」などの文脈で、昨今よく耳にするようになったクラウドファンディング。なんだかよく分からないけれど、ちょっと気になる、という方も多いのでは? そこで今回は、クラウドファンディングとはどんなものなのか、詳しくご紹介していきたいと思います。
 

そもそもクラウドファンディングとは?

クラウドファンディングとは、インターネットで不特定多数の人から少しずつお金を集める仕組みのことです。
クラウドファンディングの仕組み

クラウドファンディングの仕組み

例えば、「コロナ禍で今までのやり方では稼げなくなってしまった。新しいビジネスモデルに切り替えないといけないけれど、その準備に必要なお金が足りない」といった人がプロジェクトの起案者となります。
 
起案者がクラウドファンディングサービスに申し込むと、審査が始まります。無事、審査に通過すれば、サービスサイト内に以下のような専用ページが作られます。
クラウドファンディングで公開されているプロジェクト例

クラウドファンディングで公開されているプロジェクト例

お金を出す人は支援者と呼ばれ、支援者はこのページから「プロジェクトを支援する」ボタンをクリックして、お金を送ることになります。
 
日本には「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」のほかにも、「Makuake(マクアケ)」「READYFOR(レディーフォー)」など、さまざまなクラウドファンディングサービスがあります。
 

クラウドファンディングって、ただお金を寄付するだけ?

クラウドファンディングにはいろいろな種類がありますが、日本でポピュラーな上記3つのサービスで公開されているプロジェクトのほとんどは「購入型」と呼ばれるものです。
 
「購入型」の場合、支援のお礼として、プロジェクトの起案者から「リターン(返礼品など)」が送られます。
 
したがって、支援者は「起案者を応援したい」という純粋な気持ちで支援してもいいのですが、「魅力的なリターンのためにお金を出す」という動機で利用しても構わないのです。後者の場合、支援者の立場からすると、普通にインターネットで買い物をする感覚とあまり変わらないかもしれません。
 

「All or Nothing型」と「All In型」とは?

クラウドファンディングで支援する前には、必ず確認したいポイントがひとつあります。
 
それは、そのプロジェクトが「『All or Nothing型』なのか『All In型』なのか?」という点です。
 
「All or Nothing型」とは、“期間内に目標を達成した場合にだけ”、集まったお金を起案者が手にできるというもの。目標を達成できなかった場合にはキャンセル扱いとなり、支援者のもとへ返金されます。つまり目標が達成できなければ、リターンが手に入らないこともあるというわけです。
 
一方、「All In型」では、たとえ目標を達成できなくても、終了日までに集まったお金は起案者のもとへ渡ります。そのため、目標を達成しないまま終了日を迎えたとしても、支援者は必ずリターンを手にすることができます。
 
いずれにせよ支援者が不利益を被ることはないので安心ですが、楽しみにしていたリターンが届かないのは残念な気持ちになってしまいます。「All or Nothing型」のプロジェクトを支援する場合には、プロジェクトが目標を達成できるよう、自身のSNSなどで拡散して応援する人を増やすお手伝いをしてあげるといいのではないでしょうか。
 

宝探し気分で気になるプロジェクトを探してみよう!

クラウドファンディングが普通のネットショッピングと大きく違うのは、「お金を送っておしまい」ではなく、「目標を達成した後も、継続的に活動の近況を知ることができる」ところ。応援した人が集めたお金で夢に向かってがんばる姿を見守っていけるというのは、とても心温まるものです。
 
クラウドファンディングサービスのWebサイトには、ユニークなプロジェクトがたくさん公開されていますので、きっと応援したいプロジェクトが見つかるはず。ぜひ一度のぞいてみてはいかがでしょうか。

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。