YouTube上で楽しめる音楽コンテンツとして「THE FIRST TAKE」が注目を集めています。LiSA、ゴスペラーズ、北村匠海(DISH//)ら人気シンガーによる一発撮りのパフォーマンスはコロナ禍の新たな音楽の楽しみ方として定着しています。
 
では、なぜ今「THE FIRST TAKE」が流行っているのか。そのヒットの理由を探ります。
 

コンセプトは「一発撮りで、音楽と向き合う。」

「白いスタジオに置かれた、一本のマイク。ここでのルールは、ただ一つ。一発撮りのパフォーマンスをすること。それ以外は、何をしてもいい。」(※1)

「THE FIRST TAKE」は2019年11月にYouTubeチャンネルが開設され、執筆時点でチャンネル登録者数は393万人を超え、動画の総再生回数は9億1000万回を超えます。
 
コンセプトは一発撮りであること。「THE FIRST TAKE」のクリエイティブディレクターを務める清水恵介氏はインタビューで、一発撮りにより「ミスなどの予定調和ではない要素が映しだされて、ドキュメンタリー性が高くなり、ライブ体験に近い映像体験になる」と話しています。(※2)

新型コロナウイルスの影響で、対面のライブイベントの開催・参加が難しい状況が続く中、自宅で音楽コンテンツを楽しむ機会が増えていますが、このような状況下で「THE FIRST TAKE」が支持を集める理由の一つに「ライブ感」があるといえるでしょう。
 
さらに「THE FIRST TAKE」では、新型コロナウイルス感染拡大により全国に緊急事態宣言が発令されたことを受け、ミュージシャンの自宅やプライベートスタジオから楽曲を届ける「THE HOME TAKE」の公開を始めました。「STAY HOME」が叫ばれる中、幾田りら(YOASOBI)、田邊駿一(BLUE ENCOUNT)、miwaらがその歌声とともに全国のリスナーに勇気を届けました。
 

「THE FIRST TAKE」大ヒットの理由を5つ

ここまでヒットを続ける理由を、音楽雑誌の副編集長も務めたフリージャーナリストである筆者の視点で5つ挙げてみます。
北村匠海(DISH//)

「THE FIRST TAKE」での最多再生回数を誇る北村匠海(DISH//)


1:出演者は実力派のみ!「贅沢感」
まず目を引くのが豪華出演陣です。北村匠海(DISH//)、LiSA、YOASOBI、さユり、秋山黄色、miletなど、今をときめく人気ミュージシャンが名を連ねますが、その全員に共通するのが圧倒的な歌唱力。

既にメジャーアーティストとして名をはせているミュージシャンから、若年層を中心にネクストブレイクと目されるミュージシャンまで、 その歌声で多くの人を魅力する実力派のみが出演することで、ハイブランド化しています。

2:「歌と人」、素顔が見られる!「親近感」
「THE FIRST TAKE」はアーティストの歌声に焦点を当てた作品が多く公開されています。音飾は最小限に、ボーカルを目一杯引き立てた構成になっていることや、歌う前にアーティスト自身が楽曲や歌うことへの思いを語ることも多く、着飾らない、アーティストの素顔が楽しめます。

3:ノーカットである!「臨場感」
一発撮りということに加え、すべてノーカット公開している「THE FIRST TAKE」。アーティストが入室し、マイクの前に立って歌い出すまでの緊張感、息遣いや手に汗握る感覚など、視覚・聴覚以外の五感も共有できることが、唯一無二の人気を集める理由と言えそうです。

4:統一されたアートコンセプト!「上質感」
動画の信頼性を測る要因の一つに「公式、公認の動画であるかどうか」があります。「THE FIRST TAKE」は真っ白なスタジオに1本のマイクだけを置くスタイルを全ての動画で貫き、サムネイルにも統一感を持たせることで、上質なブランドイメージを作り上げました。

そして何といってもその知名度を押し上げたのが2020年5月に公開されたYOASOBIの「夜に駆ける(THE HOME TAKE)」。この一本の動画が、「YOASOBI」というアーティストと、「THE FIRST TAKE」というプラットフォーム双方の知名度を一気に押し上げました。
YOASOBI

「THE FIRST TAKE」でのパフォーマンスが注目を浴びたYOASOBI

 
5:豪華コラボ!「限定感」
「THE FIRST TAKE」では歌番組さながらの、ここでしか聴けないコラボレーションも充実しています。鈴木雅之は鈴木愛理をゲストボーカルに迎え「DADDY ! DADDY! DO! feat. 鈴木愛理」を披露。大人の哀感漂う鈴木雅之のリードボーカルに、鮮やかで透明感溢れる鈴木愛理のコーラスが絡み合い絶品。オレンジピールにビターチョコレートをかけたような奥深いハーモニーを奏でています。

SKY-HIはゲストヴォーカルにたなかを迎え「何様 feat. ぼくのりりっくのぼうよみ」を披露。「同調圧力による社会的排除が散見される世の風潮に疑問を投げ掛ける」同曲、シリアスなピアノの旋律にほとばしるSKY-HIのリリック、そこに静々とフェードインするたなかのコーラスが重厚感を増していきます。
milet

2020年紅白歌合戦に出演したmiletもTHE FIRST TAKEに2度登場 


このほか、YOASOBIのコンポーザー・Ayaseが作詞、作曲、編曲を手がけた 「再会 (produced by Ayase)」のLiSA×Uruによるコラボ 、押尾コータロー×DEPAPEPE×崎山蒼志による世代を超えたアコースティックギターセッションなど、全て無料視聴できることが信じられないほどのハイクオリティの動画がそろっています。
 

これからチャンネル登録するあなたに! おすすめ動画5選

1:DISH// (北村匠海) - 猫 / THE FIRST TAKE
現在、全動画中最多の1億1000万回再生!


2:YOASOBI - 夜に駆ける / THE HOME TAKE
YOASOBIの原点! 至宝の一発撮り。


3:鈴木雅之 - DADDY! DADDY! DO! feat. 鈴木愛理 / THE FIRST TAKE
「一発撮りに、命賭けますか?」奇跡の共演!


4:ずっと真夜中でいいのに。 - 秒針を噛む / THE FIRST TAKE
公開わずか数時間で再生回数100万回超の話題作!


5:橋本愛 - 木綿のハンカチーフ / THE FIRST TAKE
人気女優のレアな歌声! ピアノ演奏は武部聡志


このほかにもたくさんの動画が公開されています。あなたのお気に入りを探してみてください。

※1 THE FIRST TAKE 公式サイト(https://www.thefirsttake.jp/
※2 GQ JAPANのインタビュー(https://www.gqjapan.jp/culture/article/20201231-first-take


■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。