テクノロジーの進歩のおかげで、今では「スマホで投資ができる」時代になりました。スマホはとても便利ですが、その半面、使い方を間違えると危ないです。そこで今回は、僕の失敗体験談も交えながら、「スマホ投資にありがちな怖い失敗」についてまとめます。
 

飛びつき買いと狼狽売りに注意!

僕の経験上、スマホ投資では「飛びつき買い」と「狼狽売り」をしやすいです。ここでの「飛びつき買い」とは、自分の欲しい株が値上がりしたときに「急いで買わないと、もっと上がってしまう!」と心配になって、慌てて高値で株を買ってしまうことです。
 
僕自身、目をつけていた株がスルスル上がっていくのを見て、慌てて飛びついて買ったことが何度かあります。また「狼狽売り」とは、自分が持っている株が値下がりしたときに「急いで売らないと、もっと損をしてしまう!」と怖くなって、慌てて安値で株を売ってしまうことです。
 
僕自身、持っている株がドカンと下がったときに、慌てて投げ売ったことが何度かあります。株式投資では「安く買って高く売る」ことが基本です。ですが、上記2つは基本の逆で「高く買って、安く売って」しまったのです。
 

スマホ投資で失敗してしまう理由

一応、僕は株式投資の専門家ですが、スマホ投資になったとたん失敗してしまったのです。僕がスマホ投資で失敗してしまったのは、その「便利さ」ゆえでしょう。本来、僕らは「大きな買い物(取引)をするとき」ほど、ミスがないように慎重に吟味すべきです。
 
たとえば、「2000万円の家を買う」となれば、何カ月もかけて、場合によっては何年もかけて吟味するはずです。人によっては、家を買う前に何十冊と本を読んで勉強し、買おうとしている家について入念に調べるでしょう。
 
ですが、スマホ投資は「手軽過ぎる」がゆえに、あまりに衝動的・直感的に株の売買ができてしまいます。それこそ、「買おう」と決めたら、その30秒後には1000万円分の株を買えてしまいます。
 
逆もしかり、「売ろう」と決めたら、その30秒後に1000万円分の株を売れてしまいます。このように、スマホ投資では「ゆっくり検討するべき」ときでさえ、衝動的に買ったり売ったりできてしまうのです。
 
僕の場合、パソコンで株を取引するときは、「本当に取引すべきか?」とじっくり吟味する癖がついています。ですが、スマホ投資になるとスイッチが切り替わってしまうようです。ひどいときには、アマゾンでショッピングをするのと同じ感覚で、冷静さを欠いた取引をしたこともあります。
 
アマゾンで1000円~2000円のものを衝動買いするのは可愛いものです。ですが、スマホ投資で100万円~200万円の衝動買いをするミスは笑えません。
 
スマホ投資は手軽さゆえに衝動的になりやすい

スマホ投資は手軽さゆえに衝動的になりやすい

 

スマホ投資での衝動売買はいつ起こる?

2012年に行われたアンケート調査(1)によれば、「よく衝動買いをしてしまう」「たまに衝動買いをしてしまう」という人は、消費者の約7割にのぼるそうです。
 
だから、一般的な消費者なら、スマホ投資で「衝動買い」や「衝動売り」をしてしまうリスクは誰にでもあります。衝動買いは「HALT」と呼ばれる、僕らが「誘惑に負けやすいとき」に起こりやすいと考えられます。
 
HALTとは、以下の4つの英単語の頭文字を取った造語です。
 
  • Hunger(空腹)
  • Anger(怒り、ストレス)
  • Loneliness(孤独感、寂しさ)
  • Tiredness(倦怠感、疲れ)
僕らはHALTなときには、「お酒の誘惑に負けやすい」や「タバコの誘惑に負けやすい」と考えられています。衝動売買の癖がある人は、このHALTの時期に「衝動的な株取引をしない」ように気をつけましょう。
 

衝動売買を予防するには?

ここで気になるのが、「スマホ投資での衝動売買を、どうすれば予防できるか?」でしょう。考えられる方法はいくつかありますが、ここでは僕が使っている2つの方法をご紹介します。
 
1つは、「スマホから株取引アプリを消すこと」です。大きな判断ミスを防ぎたいなら、これがベストだと思います。僕自身、スマホには株取引アプリが1つも入っていません。

もう1つは、「日中に株価を見ないこと」です。日中に株価を確認してしまうと、つい「取引したい」という気持ちが湧くものです。
 
だから、そもそも株価を見なければよいのです。リアルタイムな投資情報が見られるサイトのブックマークは、外してしまうくらいでもよいでしょう。よく「株式投資でもっとも成功する人は、自分が株を持っていることを忘れている人(=余計な心配をして余計な取引をし、自滅しない人)」と言われます。
 
こんな提案をすると、「スマホ投資の記事なのに、アプリを消すだの、株価を見るなだの、本末転倒じゃないか!」とツッコまれそうですね(苦笑)。ですが、スマホはあくまで道具。「スマホを使うこと」は目的ではなく手段です。
 
必要なときにだけアプリをダウンロードして、株を買う。用が済んだらアプリは削除し、「衝動売買で失敗してしまうリスクを抑える」という道もアリだと思います。
 
 
【参考文献】
  1. 調査:株式会社アスマーク, 2012, "衝動買いに関するアンケート調査"

【関連記事をチェック!】

投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。