31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は深爪さん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、深爪さんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、深爪さんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「深爪さん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)


■深爪さんプロフィール
今回の回答者:深爪さん

今回の回答者:深爪さん

エロから社会ネタまで独自の視点から発信!フォロワー数18万人超の大人気主婦アカウント
コラムニスト/主婦。2012年11月にツイッターにアカウントを開設。独特な視点から繰り出すツイートが共感を呼び、またたく間にフォロワーが増え、その数18万人超(2020年2月現在)。主婦業のかたわら、執筆活動をしている。『深爪式 声に出して読めない53の話』『深爪流 役に立ちそうで立たない少し役に立つ話』『立て板に泥水』他著書多数。芸能、ドラマ、人生、恋愛、エロと、執筆ジャンルは多様。

twitter:@fukazume_taro
オンラインサロン:https://lounge.dmm.com/detail/1448/
note:https://note.mu/fukazume_taro
 

お悩み:浮気は悪いことだとわかっているのに、他の男性にも目がいってしまいます

お悩み:浮気は悪いことだとわかっているのに、他の男性にも目がいってしまいます

お悩み:浮気は悪いことだとわかっているのに、他の男性にも目がいってしまいます

■りほさん(30歳、一般事務)のお悩み
大好きな彼氏がいるのに、他の男性とデートしたり、マッチングアプリを使ったりするのをやめられません。
 
今のところ、体の関係を持っている男性はいませんが、いつか本格的に浮気してしまいそうな自分がいます。
 
浮気は悪いことだとわかってはいます。でも、彼氏がかまってくれなくてさみしいときや、彼氏と喧嘩したときなどは、つい他の男性に甘えたくなってしまいます。
 
以前、ラブラブだと思っていた彼氏に突然振られたことがあり、それがきっかけで「別れても別の男性がいるから大丈夫」と思えるようにしてしまっている部分もあります。
 
でも彼氏に対して申し訳ないという気持ちも大きく、たまに自己嫌悪で消えたくなります……。どうしたら、この状況を打開できるでしょうか。
 

アドバイス1:男性をセーフティネット扱いしてしまうのは、自分がないから

アドバイス1:男性をセーフティネット扱いしてしまうのは、自分がないから

アドバイス1:男性をセーフティネット扱いしてしまうのは、自分がないから

こんなことを言うとブン殴られそうですが、りほさんは男性を1人の「人間」として見ていないのではないかと思いました。
 
りほさんにとってのそれは、自分の心が壊れないように隙間を埋めたり包んだりする緩衝材、そう、プチプチです。もしくは、常に予備がないと不安を感じる点ではトイレットペーパーともいえるでしょう。手でケツを拭くわけにいかないので、万が一のときのためにも常備しておきたい。そんな存在のように思えます。
 
「彼氏に対して申し訳ない」とおっしゃっていますが、これはナチュラルな感情ではなく、もしかすると罪悪感を消すために自らが生み出した“免罪符”かもしれません。
 
なぜなら、本当に心の底から「申し訳ない」と思うのなら、隠れてコソコソと他の男性とデートしたりマッチングアプリを使ったりはできないでしょう。自己嫌悪にひたることで、こうやって落ち込んでいる(反省している)んだから、浮気をしてもチャラという気持ちがどこかに潜んでいるのかもしれません。だから、何度も繰り返してしまう。
 
えらそうに上から申し上げましたが、私も若かりしころは、りほさんと同じようなものでした。とにかく男が途切れないようにするのに必死。今の男との関係がヤバくなりそうになったら、次を探し始める。名DJのごとくシームレスに男を繋いでいました。世の中全体が、「若者は恋愛しているのが当然」な空気だったので、恋人がいない状態に耐えられなかったのです。
 
彼氏がいるのに、合コンにも積極的に参加しました。まことに最低ながら、二股をかけることもしばしば。
 
結局、自分がないんです。男なしでは、主体的に人生を楽しむことができない。己の空虚さを男性の存在で埋めてなんとか自分を保っている状態でした。
 

アドバイス2:自分の心を自分で満たすための訓練を始めてみては

この状況を打開するには、主体的にモノを考え主体的に行動し、いい意味で「自分本位」になる訓練をするのが一番だと、私は思います。
 
ラブラブだと思っていた彼氏に突然振られたのが大きなトラウマになっているのでしょうが、男性をセーフネット的なものと考えているうちはこの状況は変わらないと思います。
 
これは恋愛に限ったことではありません。自分の寂しさを自分で紛らわせられない、自分の傷を自分で癒せない、つまり、自分の面倒を自分でみることができない人は、他の人間関係でも不安を抱えがち。良好な人付き合いをして、心を平穏に保つには「自立」が必要です。
 
また、心を満たしたいなら、よりどころをたくさん作るのも大切。「自立」とは依存先を増やすこと、といわれるように、恋愛どっぷりにならないのが重要です。
 
とりあえず、何か目標を決めましょう。主体的にできることなら、なんでもいいです。5kg体重を落とす、1年間で本を100冊読む、ツイッターに毎日投稿する。1人で考え、1人で実行し、1人で完結できるものを選ぶのがいいと思います。
 
ただ、りほさんの男性への大いなる欲求が精神的なものではなく肉体的なモノだと、この方法では解消されません。心の隙間ではなく、股間の隙間を埋めたい場合はもうアダルトグッズを駆使するしかないです。最近は道具だけではなく女性向けのAVも充実しているので、試すのもいいかもしれません。自分で自分を慰める。これも自立の1つといえます。
 

アドバイス3:自分を楽にするためだけの罪悪感は捨てるべし

アドバイス3:自分を楽にするためだけの罪悪感は捨てるべし

アドバイス3:自分を楽にするためだけの罪悪感は捨てるべし

それでもなお、他の男性に目移りしてしまうなら、罪悪感なんか持たずにガンガン楽しめばいいと思います。結婚しているわけでもなし、浮気したところでバレなきゃいいんです。
 
本命の彼に不義理がバレた場合のゴタゴタ、また、浮気相手に本気になられるなどのリスクよりも遊びたい気持ちが勝つのなら、もう何も申し上げることはありません。
 
自分を楽にするためだけの罪悪感なんか捨てましょう。ぜひ、心も股も全開にして人生を謳歌してください。
 
■「31歳からの恋愛相談室」関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.彼氏がマッチングアプリをこっそり再開していました
Q.いい感じだった彼が急にそっけなくなりました。もう脈なしですか?
Q.不倫している既婚者が多すぎて、結婚にいいイメージが持てません

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)


【新サービス事前登録のご案内】
あなたの「経験談」を、誰かの役に立ててみませんか?

オールアバウトは今後、「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。

「過去に不倫していたが、関係を断ち切った」「仮面夫婦状態だった配偶者と関係を修復した」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」などの、夫婦関係にまつわるご経験をお持ちの方を募集しています。

あなたの経験が、きっと誰かのチカラになります。副業としても、ぜひお気軽にご参加ください!(別途取材に応じていただけたた方には謝礼をお支払いいたします)

登録はこちらから

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。