2021年は長引くステイホームでVR、5Gの広がりでARが盛り上がりを見せそう。メガネ型のARスマートグラスが登場するほか、大画面映像&マルチタスクが可能な、2画面スマホの需要も高まりそうです。

テクニカルライター&エディターの太田百合子が、2021年に注目するガジェットを3つ紹介します。
 

1. 家に居ながら旅行やライブ、パーティーにも参加できるVRヘッドセット

2020年のベストバイ製品の一つに、VRヘッドセットの「Oculus Quest 2」(公式サイト価格:3万7100円~・税込)があります。PCもスマホもつながずにスタンドアロンで使える製品で、前後左右を360度を見渡せるだけでなく、VR空間を歩き回れることができる6DoFと呼ばれるトラッキングシステムを採用。本格的なVRゲームが手軽に楽しめるアイテムです。
 
従来よりも高精細なディスプレイを搭載しつつ手頃な価格を実現した「Oculus Quest 2」

従来よりも高精細なディスプレイを搭載しつつ手頃な価格を実現した「Oculus Quest 2」

筆者は普段あまりゲームはしないのですが、「Oculus Quest 2」にはいわゆる音ゲーなど、身体を動かせるゲームも多くあり、運動不足の解消に役立っています。また今後はゲームだけでなく、別世界に気軽にトリップできるアイテムとして、VRヘッドセットがますます注目を集めるのではないかと考えています。2021年も引き続き、海外旅行などには行きにくい状況が続くでしょうが、これがあれば自宅に居ながら世界中を旅することができます。実際に筆者は趣味のダイビング旅行に行けなかった鬱憤を、バーチャルダイビングを楽しむことで晴らすことができました。

また、今はなかなか大勢で集まることができませんが、代わりにアバターを使って仮想空間で集うことのできる「VRChat」が、盛り上がりを見せています。角川ドワンゴ学園が運営するネットの高校「N高・S高」では、2021年からVR空間でクラスメイトと一緒に学ぶ、新しい学習方法も導入される予定です。2020年にZoomなど画面越しのコミュニケーションが広がったように、2021年はVRを使ったリモートワークやリモート学習、パーティーや音楽ライブなどが一気に広がる可能性もあります。
 

2. 現実の映像にデータを重ねて表示するメガネ型のARスマートグラスが登場

KDDIから発売中の「NrealLight」。対応するスマートフォンと接続して使用する

KDDIから発売中の「NrealLight」。対応するスマートフォンと接続して使用する

一方、高速なモバイル通信を実現する5Gの広がりにあわせて、現実の映像にデジタルデータを重ねて表示するARも盛り上がりを見せそうです。2020年にはKDDIからスマホにつないで使うARスマートグラス「NrealLight」(販売価格:6万9799円・税込)が発売されましたが、フェイスブックなどもスマートグラスを開発中ということで、2021年はメガネ型のARグラスが注目を集めことになるかもしれません。
 

3. 大画面&マルチタスクへのニーズに応える、2画面スマートフォンに注目

5Gの広がりでもう一つ注目したいのが、2画面のスマートフォンです。2020年にはサムスンから折りたたみスマートフォンの「Galaxy Z Fold2」や「Galaxy Z Flip 5G」が発売になったほか、LGからも2画面で使えるスマートフォン「LG VELVET」が発売されています。また米国ではマイクロソフトの2画面スマートフォンの「Surface Duo」も発売されました。
1画面か2画面かが選べるスマートフォン「LG VELVET」は高コスパを実現

1画面か2画面かが選べるスマートフォン「LG VELVET」は高コスパを実現

日本での発売が待たれる2画面スマホ「Surface Duo」。マルチタスクが可能

日本での発売が待たれる2画面スマホ「Surface Duo」。マルチタスクが可能

5Gで使い放題となれば、より大画面でより高画質な映像を楽しみたいというニーズが生まれるのは自然なこと。またスマホで動画を見たり、ビデオ通話をすることが当たり前になれば、映像を表示しつつ同時に別の作業もしたいという、マルチタスクへのニーズも高まってくるでしょう。こうした背景から2021年はさらに、2画面のスマートフォンがたくさん登場するのではないかと期待しています。今はまだ価格も高く手軽に手に取れる製品ではありませんが、「LG VELVET」が高いコストパフォーマンスを実現しているように、今後は選択肢も広がってくるはず。また個人的には「Surface Duo」が日本でいつ発売されるのかにも、注目しています。


■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。