2020年のベストバイはいずれも、リモートワークに役立った製品。「iPhone 12」シリーズと「Apple Watch」をまとめて充電できる、便利なアイテムにも注目しました。
 

1. リモート会議での耳の負担を軽減する骨伝導ワイヤレスイヤホン

2020年はコロナ禍で、急遽リモートワークを余儀なくされた人も多かったと思います。筆者は普段から自宅で仕事をしているので大きな変化はありませんが、打ち合わせや取材はそのほとんどがリモートになってしまいました。

ZoomやMicrosoft Teams、Google Meetなどを使った打ち合わせには、ワイヤレスのノイズキャンセリングヘッドフォンを使用していますが、長時間着けっぱなしだと耳が痛くなるのが悩みでした。また周囲の音を完全に遮断してしまうと、玄関のチャイムの音などが聞こえづらくなるのも問題でした。そこで導入したのが、耳を塞がない骨伝導ヘッドフォンです。耳を塞がないので周囲の音もちゃんと聞こえるし、ずっと着けていられるのがメリット。耳にかけるタイプ、首にかけられるタイプなどいくつか試しましたが、最も気に入ったのがBocoの完全ワイヤレスの骨伝導イヤホン「PEACE TW-1」(公式サイト価格2万1780円・税込)です。
耳を塞がない完全ワイヤレスの骨伝導イヤホンBoco「PEACE TW-1」

耳を塞がない完全ワイヤレスの骨伝導イヤホンBoco「PEACE TW-1」

耳の穴に入れるのではなく、カフスのように耳を挟むように取り付けるのがポイント。片耳約9gと非常に軽い一方で、しっかりホールドされているので、ジャンプしたり頭を振っても外れることはありません。左右それぞれにあるボタンで音量や曲送りの操作もでき、バッテリー式で最大5時間の連続再生が可能。付属の充電ケースとあわせて最大12時間の再生ができます。マイクを備えているので、パソコンやスマートフォンにつなげば通話ができ、リモート打ち合わせにもバッチリ使えます。

耳を塞がないので周囲の音もしっかり聞こえつつ、相手の声も耳元でクリアに聞こえ、しかも長時間装着していても耳の負担が少ないなど、うれしいことだらけ。音質も上々で低音はやや弱いものの音楽を聴くのにも良いです。安全を確保しつつ音楽も楽しめる、ランニング用イヤホンとしてもおすすめできる製品。多少の汗をかいても安心できるIPX7の防水性能も備わっています。
 

2. リモートで集中できない悩みを解消してくれた倒すだけのタイマー

もう一つリモートワークに役立ったのが、2020年にクラウドファンディングのMakuakeでプロジェクトを展開していた「TickTime」(Makuake価格5550円・税込~)というタイマー。六角形の円柱のような形で、6面にそれぞれ3、5、10、15、25、30の数字があり、その面を上に向けて倒すと書かれている数字の分数をカウントダウンし、アラーム音や光で教えてくれます。
倒すだけで時間が計れる、新感覚のタイマー「TickTime」。電池は充電式

倒すだけで時間が計れる、新感覚のタイマー「TickTime」。電池は充電式

6面にある数字の時間であれば、普通のタイマーのように時間をセットする手間が省け、倒すだけで計れるのがポイント。25分作業して少し休むを繰り返すことで、生産性をアップする時間管理術「ポモドーロ・テクニック」の実践に、もってこいのタイマーです。

2020年は慣れないリモートワークで仕事に集中できず苦労した人は多いと思いますが、在宅仕事には慣れている筆者も、リモート打ち合わせが頻繁に入るようになり、時間が細切れになって仕事に集中しづらい状況が続きました。そこで「ポモドーロ・テクニック」を導入したのですが、その際にこのタイマーが大変役に立ちました。もし同様の悩みを抱えている人がいたら、ぜひ試してみて欲しいと思います。
 

3. 「iPhone 12」シリーズと「Apple Watch」をコンパクトに充電できる

最後に紹介するのは、アップルから11月に発売になったばかりの「MagSafeデュアル充電パッド」(アップルストア価格1万6280円・税込)です。
 
折り畳みが可能で持ち運びにも便利な「MagSafeデュアル充電パッド」

折り畳みが可能で持ち運びにも便利な「MagSafeデュアル充電パッド」

2020年に発売された「iPhone 12」シリーズには、非接触充電をサポートする「MagSafe」という新機能が搭載されました。わざわざケーブルをつながなくていい非接触充電は便利な一方で、位置をあわせるのが難しく、うまく充電できないといったことも起こりがちですが、磁石でくっつけることで充電ロスを防ぐというもの。「MagSafeデュアル充電パッド」はその新しい機能に対応した製品で、「iPhone 12」シリーズをはじめとするワイヤレス充電対応のスマートフォンと「Apple Watch」を一緒に充電できます。

使用するACアダプターによっては、「iPhone 12」シリーズを高速充電することもでき、折りたためるので持ち運びにも便利。今はなかなかその機会がありませんが、iPhone&Apple Watchユーザーなら旅の荷物にぜひ加えたいアイテムです。

【おすすめ記事】
iPhone 12シリーズ徹底比較!全18通りの選び方まとめ
キッズケータイとして使えるApple Watch SEの魅力
 


■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。