汗はもともと無臭! 臭くなるのは皮脂、汚れ、細菌と結び付くから

冬でも気をつけたい体のニオイ。知らず知らずに相手を不快な思いに。

冬でも気をつけたい体のニオイ。知らず知らずに相手を不快な思いに。

ニオイといえば夏特有のものだと思われがちですが、実際は冬でもプンプンと体から発せられています。その要因となっているのが汗。暖房の効いた温かい部屋、寒さ対策としての厚着、ぬくぬくとしたこたつ、熱々の鍋料理など、汗をかくシチュエーションは意外とたくさんあります。つまり、冬場であってもニオイは身近にあるのです。

 
汗は汗腺から出る水分。汗腺には、体中に存在する「エクリン腺」と、脇などのデリケートゾーンにある「アポクリン腺」に分類されます。どちらから出る汗ももともとは無臭ですが、皮脂、汚れ、細菌などと結び付くことによってニオイを発するようになるのです。また「アポクリン腺」から出る汗には少量のタンパク質が含まれており、細菌に分解されることによって強いニオイとなって他人を不快にするケースがあります。海外では「フェロモン臭」ともいわれますが、日本では「悪臭」として認知されていますよね。
 
体臭の中には、「疲労臭」や「ストレス臭」と呼ばれているものもあります。そもそも汗の原料は血液。汗に変わる過程で汗腺の中でろ過され、99%の水分と残りのほとんどが塩分という構成になます。ところが疲労やストレスによって血中のアンモニア濃度が高くなると、これが汗の中に混ざり込んでしまい、臭ってしまう場合があります。
 
では、そんな体のニオイに対してどのような対策をとればいいのでしょうか。
 

運動やお風呂などで毎日汗をかく習慣をつける!

まずは汗をかく習慣を身につけましょう。日頃から汗をかかないでいると、汗腺のろ過機能がうまく機能せず、蒸発しにくい濃い汗をかくようになります。反対に、運動やお風呂で毎日汗をかくようにすれば、ろ過機能が正常に働き、サラサラとした汗をかくようになります。そうするとニオイを発しづらくなるのです。もちろん、それだけでは足りなくて、汗をかいたらすぐに拭き取ることも大切。そのまま放置しておくと、皮脂、汚れ、細菌と結びついて、結果的にニオイへとつながっていきます。
 
食事内容も汗に影響を与えます。肉類ばかり食べていると、タンパク質を分解するときに出るアンモニアで汗が臭くなるといわれています。炭水化物もちゃんと摂るようにしましょう。
 
そして、何よりも重要なのは毎日のケアです。つまり、体を「きれいに洗う」、「清潔に保つ」ということ。以下、体のニオイに対処するおすすめアイテム3つ紹介したいと思います。
 

殺菌効果アイテムや汚れ根こそぎ除去シートでニオイを一掃

ウル・オス 薬用スキンウォッシュ<医薬部外品>
 
ウルオス薬用スキンウォッシュ

500ml(大容量ポンプタイプ) 1100円(税抜)/大塚製薬

長持ちする泡で肌をやさしく洗浄。シメン-5-オール(殺菌剤)、グリチルリチン酸2K(消炎剤)の2つの有効成分配合によって、気になるアブラ臭や汗臭を防いでくれます。これ1本でフェイスからボディまで対応します。

ギャツビー スマートクリアミスト さらさらタイプ<医薬部外品>
ギャツビースマートクリアミスト

80ml 750円(税抜)/ギャツビー

⾃宅でもオフィスでも気になったときに汗・ニオイのケアができるミストタイプのデオドラント。制汗・殺菌成分が肌に⾼密着して汗を抑え、出てきた汗に対しては殺菌成分が作⽤してニオイをしっかりと抑制します。爽やかなクリアブルーの⾹り。

メンズビオレZ ディープクリアシート 石けんの香り
メンズビオレZディープクリアシート

10包入り 520円(税抜・編集部調べ)/花王

ニオイのもとになる汗や皮脂、古い角質、ニオイ菌などの混合物などを拭き取るボディシート。クレンジング液がたっぷりしみ込んだ厚手の生地が、汚れをしっかりと捉えてくれます。日頃のケアでも忘れやすい足の指や爪、耳の裏もこれでばっちり。

冬場であっても体からニオイは出てきます。油断せず、しっかりとケアして清潔なボディをキープしましょう!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。