マスク生活で実感! 見た目年齢を印象づける「目元ケア」の重要性

 

見た目年齢を決定づけるのは「目元」!

マスク生活がすっかり日常となった今、マスクで顔の下半分が隠れていると、その人の印象は目元で判断されることになります。

目元がどんよりくすんでいたり、ちりめんジワが目立ったりすると、一気に老けて見えることも……。

ちょっとしたひと手間を加えることで、パッと明るくハリのある目元を保ちましょう。
 

目元ケアの「3つの秘策」って? デリケートな目元には丁寧なお手入れを

そもそも、目元は顔の中でも老化のサインが早く表れやすいパーツ。顔の中でも非常に皮膚が薄く皮脂分泌も少ないため、くすみや色ムラが目立ちやすく、乾燥によるシワもできやすいのです。

気になる目元のくすみやシワを解消するには、次の3つの方法が挙げられます。

1:ツボ押しやマッサージで目の周りの血行を促進させる
2:目元専用の美容液やクリームで栄養をたっぷり与える
3:クレンジングはこすらずにやさしく行う


こうしてみると「なんだか面倒臭そう……」と思われるかもしれません。そこで今回は、日々のケアに簡単に取り入れられる秘策をご紹介していきます!
 

目元ケアの秘策1:時短10秒! じんわりツボ押しマッサージ

長時間のパソコン作業やスマートフォン操作で目を酷使していると、血行不良で目元がどんよりとくすんだり、クマが濃くなったりします。

そんな時に効果的なのが、ツボをじんわり刺激するプッシュマッサージです。

目の周りには、目の疲れに効果的なツボがあります。複合的に刺激することで血行を促進させましょう。目元はとてもデリケートな部分なので、爪を立てず、気持ち良いと感じる程度の強さでやさしく押してください。
 

メイクの上からでもOKなので、いつでもどこでもすぐ実践!


1. 「攅竹(さんちく)」のツボ(眉頭の下辺にある小さなくぼみ)を、両手の親指の腹でじんわり5秒ほど押し上げます。

2. そのまま眉の下を通り、こめかみに向かって軽く指をすべらせます。

3. 「太陽(たいよう)」のツボ(こめかみの少し前にあるくぼみ)をじんわり5秒ほど押さえて手を離します。

目の疲れを感じた時(仕事の休憩時間など)に、3~5回ほど繰り返しましょう。目元がパッと明るくなるはず。
 

目元ケアの秘策2:薬指一本で! アイクリームのドーナツ塗り

乾燥によるシワが目立つなら、毎日のお手入れに目元専用のケアアイテムを取り入れましょう。

美容液はさらっとした仕上がり、クリームはより濃厚な仕上がりになるので、好みに応じて選んでください。

塗り方のポイントは、肌に刺激を与えないよう、とにかくそっと触れること。

目の周りの皮膚はとても敏感なので、最も力が入りにくくやさしくタッチできる薬指を使います。美容液やクリームを乾燥が気になる部分に点状に置いたら、薬指で軽くトントンと肌になじませていきます。
 

目の周りをぐるりと囲むようにドーナツ塗り!


塗る順番は、目の周りをぐるりと囲んでいる眼輪筋を意識しましょう。

目尻から目の下を通り(①)、そのままぐるりと目頭を通って上まぶたにも塗っていきます(②)。最後はこめかみまでしっかりなじませて終了です(③)。
 

目元ケアの秘策3:じゅわっと10秒! なじませクレンジング

摩擦は肌にとって大きなダメージになり、色素沈着やシワの原因になります。日常生活では極力、目元をこすらないよう気をつけて。

アイメイクを落とす時に強くこすったり、ゴシゴシ洗ったりするのももちろん厳禁。アイメイク専用のクレンジングをコットンに含ませて、やさしくクレンジングしましょう。コットンをまぶたの上にのせたら、そのまま10秒ほど置くのがポイント。

アイシャドウやマスカラとよくなじませてしっかり浮かせてから、まぶたの上から下へ、さらに目頭から目尻に向かって軽くすべらせましょう。こうすると目元に負担をかけることなく、するりとアイメイクを落とせます。

目元のくすみやシワに悩んでいる人は今すぐ実践して、目元美人を目指しましょう!
 


■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。