お互いに恋人と別れてつきあうようになったのに

略奪愛

惹かれ合ってもお互いに恋人がいて、「出会うのが遅かった」と嘆くことはあり得る。そんなとき、どんなことをしても新しい人とつきあいたいと行動に出る人たちもいる。ようやくつきあえることになったとしても、必ずしもハッピーエンドとは限らないようだ。

 

彼には婚約者、私には4年つきあった恋人が

「一目でわかりました、私はこの人とつきあわなければいけなかったんだと。それほど衝撃的な出会いだったんです」

そう言うのはリサさん(37歳)だ。2年前、運転免許更新のために行った警察署で、ヒロキさん(36歳)に出会った。

「ひとりで行った場所でたまたま出会って、同じ教室でビデオを見て、帰りは彼とふたりで近くのカフェにいました。お互いのことをどんなに話しても話し足りない。私はその日、代休をとっていましたが、彼は本当は会社に戻らなくてはいけなかったみたいなんです。でも途中で連絡を入れて、今日は休みにしたからとことん話したいって」

その日はお互いにいつもの自分とは違う、少し妙なテンションになっていたとあとでふたりとも感じていたそうだ。運命の出会いというのは存在するのかもしれない。

「実は盛り上がって、そのまま彼の部屋に行ってしまいました。なんというのか身も心も相性がいいんだとわかって、さらにこれは運命だと思ったんです」

ところがふたりともすぐに問題に気づいた。彼には婚約者がいたのだ。そして彼女もすでに4年つきあっている彼がいた。一緒には住んでいなかったが、歩いて10分足らずのところにいて、周囲の友人たちも公認の仲だった。

「だけどふたりとも、このまま今の相手とつきあっていいのかと悩んで。だって運命の人に出会ったんですよ、しかも結婚する前に。そうしたらやはり契約は破棄して、ゼロ地点に戻るべきだと思いました。婚約という形はとっていないけど私も同じ。すぐにでも恋人と別れる、そうしたらきちんとつきあおうと話しました」

 

それぞれに揉めて……

当時、リサさんはつきあっていた彼と「愛情のあるなしがすべて。どちらかがイヤになったらつきあうのをやめよう」といつも話していた。だからすぐに別れられると思ったのだ。

「ところが私が、好きな人ができたと正直に言ったら、彼はそんなの許さないと激昂してしまった。お互いを尊重しあっているつもりだったのに、そうではなかったことがわかって私はショックでした。おまけに彼は、共通の友人に私の悪口を広め、私は友人たちからも総スカンを食ってしまったんです」

ヒロキさんのほうも似たような状況だったらしい。双方の親が激怒し、婚約者からは「死んでやる」と脅された。

「2ヶ月後くらいにはふたりともすっかりめげてしまって、もう私たち、無理かもしれないと追いつめられました。ふたりですべて捨てて遠くへ行くか、一緒に死ぬか、別れるか。その3つしか選択肢がないような気がしたんです」

だがヒロキさんはめげなかった。「もっと前向きに考えよう」とリサさんを後押しした。当時の彼に会うとまで言ってくれたのだが、リサさんは「自分のことは自分でカタをつける」とがんばった。

「彼を始め、周りの人を傷つけてしまった。それはわかるんだけど、私は私の気持ちを重視したい。だって私の人生だから」

そして1年後、ようやくふたりは婚約者と恋人から解放され、つきあえるようになったのだという。

「やっとつきあえる、これからはずっと一緒にと思ったところでこのコロナ禍に突入してしまいました。一時期はお互いに感染リスクを避けようと、会うのもままならなくて」

そうしているうち、リサさんの勤務先が芳しくない状況になっていった。リサさんは早期退職を打診される。

「中規模の会社だから、そんなこともあるかなとは思っていました。残っても収入が激減するのはわかっている。だったら今のうちに辞めて新たな道を探してもいいかもしれない。そう思ったんです」

ヒロキさんに相談するつもりはなかった。報告という気持ちでそのことを話した。するとヒロキさんは、「え、結婚っていうこと?」とひと言、つぶやいた。

「私が仕事を辞めるイコール結婚して経済的に依存してくると感じたんでしょうね。私は結婚しても仕事を辞めるつもりはなかったし、お互いの気持ちも固まってないのに結婚に突っ走ろうとも思っていなかった。そもそも、働き口がないからすぐ結婚と、すべての女性が思っているわけではないはず。そのひと言で、私、彼への気持ちが一気に冷めてしまったんです」

彼はすぐに「誤解だよ、そういうつもりじゃない」と焦ったように言ったが、口から出たひと言はもう戻らない。

彼女は、そのひと言で自分の気持ちが冷めたのが悲しかった。なんとか盛り返そうと思ったが、あの熱さは戻ってこない。

「今、ちょっとお互いにクールダウンしようとしているところです。あんな大変な思いをしてつきあうようになったのに、何をやっているんだろうと思いますが、自分の気持ちにウソはつけないですね、どんなときも」

ヒロキさんとはトークアプリでつながってはいるし、ときどきやりとりもしているが、会いたいという気持ちが体の内からわき起こってこないのだという。

「今は新たな就職先で、仕事を覚えるのを優先しています」

自分を許せないのか、と彼に聞かれたことがある。許す許さないの問題ではなく、彼女の中から情熱が失せてしまったのだ。情熱はなくても好きだという気持ちはあるのかどうか。少し時間をかけて考えたいと彼女は言った。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。