肌の乾燥を放置しているとどんどん悪印象に

肌の乾燥対策は男性にも必要!

肌の乾燥対策は男性も必須!


気候による影響、エアコンの効いた部屋にいる生活、都市化が進むことによるヒートアイランド現象などなど……。太平洋側、日本海側、もはや冬場の乾燥は日本のどこにいても感じられるものになっているのではないでしょうか。特に、ヒートアイランド現象による乾燥化は深刻で、気象庁のデータ(※1)から見て取ることもできます。
 
乾いた空気は肌の水分を奪い、カサカサ肌へと導きます。唇が割れる、笑ったときに顔が引きつる、白い粉をふく、なんて経験は誰にでもあるのではないでしょうか。体質によっては水分不足を補うために、体内で油分の分泌が活発となり、結果、ギトギト肌になる人もいます。これは隠れ乾燥肌と呼ばれています。

乾燥による肌トラブルを放置していると、肌へのダメージはもちろんのこと、「日常の手入れを怠っているだらしない人」、「不潔な人」といった印象へとつながっていくのが今の時代。そればかりか老け顔にも見えるので、年齢よりも上に見られてしまいます。印象を落としたくなければスキンケアによる乾燥対策は必須です。しかし、一体どのようなケアをすればいいのでしょうか。そこで、男性のスキンケアを追求するメンズビューティーライターの私が、乾燥対策におすすめな保湿アイテムを3つご紹介します。


※1 気象庁「都市化による乾燥化に関するデータ」(気象庁ホームページ)
 

1. フェイスクリームで潤いを閉じ込め、生き生きとした表情に

まずはフェイス。面倒くさいという理由で、洗顔後に何もつけない方がまだまだ多いのが実情です。顔の乾燥は小ジワや粉吹きにつながりますので、しっかりケアしたいところ。オススメはこちらのアイテム。男性の肌を長年研究しているルシードのスキンケアクリームです。値段もリーズナブルで手に取りやすいのではないでしょうか。
 
ルシード 薬用 トータルケアクリーム <医薬部外品>
ルシード 薬用 トータルケアクリーム

50g 1500円(税抜)/ルシード

洗顔やひげ剃り後、お風呂上りなどの肌が乾燥しやすいときに、これ1つで潤いを与えながら、年齢に伴う肌悩みをまとめて対策してくれます。クリームはベタつくからイヤだなと思う男性でも、適量(顔全体であずき2粒程度)を守れば、ベタベタせずにスキンケアが可能です。カサツキ以外にも乾燥小ジワ、くすみ、テカリにも対応します。
 

2. 印象を決めるポイントは潤いのある手指にあり!

ここ最近、注目なのがハンドクリームです。特に今は、アルコール消毒を頻繁にしますから、手指が非常に乾燥しやすくなっています。カサカサ・ザラザラだったら汚らしく思われがち。人は意外と手を見ていますので、ハンドケアは必須です!
 
Hands A P.P.(ハンズエー プロフェッショナルプロテクション)
Hands A P.P.

50g 2200円(税抜)/カエタステクノロジー

サロンワークによる手のトラブルに悩む美容師たちから人気に火が付いたハンドクリーム。ベタつかずサラッとした使用感なのにしっかりと保湿し、乾燥から手を守ります。パソコンのキーボードを叩いても滑ることもありません。無香料というのもうれしいポイントです。
 

3. 入浴剤を入れたお風呂で全身の保湿

最後に、冬は乾燥による全身のかゆみに悩まされている方も多いということで、保湿成分の高い入浴液を紹介します。湯船に浸かるとリラックス効果や免疫力を高めるということでお風呂に入る男性が増えているといいます。浴室でしっかりと保湿してください。
 
薬用ソフレ 濃厚しっとり入浴液リッチミルクの香り <医薬部外品>
薬用ソフレ 濃厚しっとり入浴液リッチミルクの香り

480ml 798円(税抜・編集部調べ)/バスクリン

独自の開発米ぬか油、べにふうき茶エキス、ホホバクリーム、アボカドオイルなどの保湿成分を配合した入浴液です。入浴効果を高めながら乾燥から肌を守ります。白濁の湯ならではのリッチな気分を味わえるのもうれしい。冬は顔だけでなく全身が乾燥しがちだからこそ、入浴剤にもこだわってみませんか。


肌の乾燥は、間違いなく印象を悪くします。そればかりか、老けて見えるというデメリットもあります。生き生きとしたアクティブな印象を与えたいなら、日頃のスキンケアで乾燥から肌をガードしましょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。